スポンサーリンク
書籍

狂乱のデンシル男爵、パート2

青年時代、「狂乱の男爵」デンシルは第三代デュフォート男爵ゲスマーと、妻のヨアンナ女男爵がもうけた四子の一人だった。他の三子が成人となることはなく、その死は現在も謎に包まれたままだ。卑劣な陰謀があったという噂はあるが、完全な推測に過ぎない。

明らかになっているのは、三人目の子供の死がヨアンナ女男爵には耐えがたいものだったことだ。彼女の精神は砕けた。ゲスマー男爵は妻を塔に閉じ込め、彼女は終生をそこで過ごした。

デンシルは成年に達し、次期当主となることを公式に宣言した。ゲスマー男爵の死はその一年後に起こった。狩りの間に外れた矢が男爵の肩に刺さったが、その傷で死ぬはずがなかった! 現代の歴史家は矢尻に毒が塗られていたと考えているが、当時は怪しむ証拠が見つからなかった。

デンシルが男爵領を引き継ぐとすぐに、彼は忠実な家臣やスタッフを解雇した。その中には何世代も仕えていた家も含まれていた。ゲスマーが始めた城の騎士棟の活動は全て停止した。ナヴィール城で温かく迎えられていたほとんどの騎士は、不快ではない環境を求めてこの地を去った。

デンシルはその後数年を、男爵領のかつては豊富だった金庫から金をかすめ、民が他の男爵領へ逃げ出すほど重い税金をかけて過ごした。地域全体で、良き農地は休耕に入った。狂乱の男爵とその手下は地方全体で暴れ回った。

誇り高かった造船所は、ほとんど船が作られなくなった。怒りに包まれ、自分に甘く残虐な精神状態が反映されたかのようだった。かつては巧みに運営され、富んでいた男爵領と造船の転落が深い影を落としていた。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました