スポンサーリンク
書籍

迷子の猫

こんにちは!

これを読んでいるなら、あなたは私の大切な猫、テンダークロウのそばにいるはず。彼はすぐどこかに行ってしまう癖を持っているの。ありがたいことに、彼はいつもこのメモを持っている。もしよければ、彼をセンシャルの南にある家まで連れていって。それが面倒なら、動物のことを気にしてくれる、他のもっと役に立つ通りすがりの人のためにメモを置いていってね。どうもありがとう!

キシマ

追伸: 彼は自分の眼帯について何か言われるのを好まないの。だから、気づかないふりをしてやってね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました