書籍

小さなエチャテレ

鋭い矢のエヴェリ作の詩

私達がとても小さなエチャテレを愛しているって知ってた?
今、君は群れなどあれやこれやにいる。暮らして幸せ?

いるのを見ると、君は穏やかで落ち着き払っている。
ところで君が提供するチーズはおいしくて、とても評価されている。

ハ、宿屋と酒場、砦と城、ハッ、小さなエチャテレ、
隠しているのは王と国。人生は不公平ね。

部屋がきっと毛に覆われた背中にある。いつでももう1袋積むのよね?
合わせた知識で、皆に欠けていることを教えてくれる?

言葉では伝えきれないくらい愛している、小さなエチャテレ。
オークはマンモスや野兎よりも素敵だと、知っている。

きっと心配しないで、もうこれ以上戸惑わせない。
匂わない愛を、育った証にちょうだい。最後の抱擁に。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました