書籍

ウィサードローズへの手紙

親愛なるラディア

ご機嫌はいかがだろうか、我が親愛なる、麗しき婦人よ。ウィサードローズでの事業が改善したことを願っている。私はあなたの素敵な宿での戯れをいつも楽しんできたが、この地域で近頃、旅行が下火になりつつあることは理解している。かつてあなたのつつましやかな家に詰め掛けていた訪問者たちも少なくなり、さぞかし辛いことだろう。

だが、心配しないでもらいたい! もうあなたはよくご存じのことと思うが、私は約束を守る男だ。あなたのところの建物の下にあり、私の地所の地下へと通じているトンネルを引き続き使わせてもらうことと引き換えに、私はあなたにたっぷりと補助金を支払いたい。我が祖父とあなたの祖父が、かつてあのトンネルを使ってアンヴィルに品物を密輸入していたなどと、誰が知っていただろう? 我々が古い家業を続けることを決めたのは、実に幸運なことだったと思う

それと、気にしているようだといけないので言っておくと、私は総督と海賊との協定を延長したので、安心してくれたまえ。あなたがトンネルのことを秘密に保っておき、同業者たちにいつでも使えるようにしておいてくれる限り、金は入り続けるだろう。それから、クモの侵入をどうにかできないか検討を願いたい。前回通過した際、海賊たちが文句をつけてきたのだ。

それからあなたの美しい娘に、私が彼女のことを気にしていたと伝えていただきたい。ルシニアは素晴らしく魅力的な女性に成長しつつある。どうだろう。近い未来の彼女の予定について、また一つ約束を取り付けるというのは。それがいい。

クインタス・ジャロル卿

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました