書籍

暖炉の母への手紙

暖炉の母よ、私を見つけに来て。
暖かい火とお腹を満たすスープを持って来て。
みんな寒くて空腹で、もうこれ以上歩けないから。

この探検に選ばれたとき、我々は誇らしく自信に満ちていた。
ソロウ登頂! 伝説の山頂に2世代以上ぶりに登頂したオークになれるのだ!
だが、ソロウがその恐るべき高さへの登山を拒んでいることに気づくと、瞬く間に自信は絶望に変わった。

先陣の2チームは、そう遠くまでたどり着けなかった。
分かっている限り、第1陣はハーピーやオーガに襲われ、第2陣はひどい強風と寒さに見舞われた。
ホーカー数人は哀れなことに、凍えるような霧に隠れていた断崖から転落した!

しかし、我々は怯むことも、コースを変更することもなかった。
今になってみれば、そうすべきだったと分かるが。
レディ・ローレントは我々を再編成し、カースサンは我々の功名心に訴えた。
我々は血にたぎる炎と夢の輝きとともに、再び山頂をめざして前進した。

雪崩でクーロンを失った。
雪と氷の下敷きになって彼女の両脚は折れた。
やむを得ず置き去りにし、山道を進んだ。
普通のコースなら探検隊は破滅していただろう。
もちろん、破滅は思っていた以上に近くに迫っていた。

我々はたいしたことを成し遂げたと言えるかも知れない。
実際、トラグの祠の扉にたどり着いた。
その碑文を見つけ、カースサンに教わったとおりにこすった。
曲がり角から3人組のオーガが現れたとき、中に入ろうとした。
勝利の確信もなく野獣3人を相手にする気にはなれなかったから、隠れてやり過ごすことにした。
だが、要領の悪いスキーヴァーのアーゴンが斧を落とした。
そのとき、登るより降りるほうが賢明だと思った。

ブロクークは最善の選択肢が、通り過ぎた洞窟に引き返すことだと思った。
洞窟にオーガが住んでいたとしても、隅に隠れ場所を見つけられるはずだと彼は言った。
それでうまくいっただろう。
もしも祠から逃げる時、物資の大半を失わなければ、もしも火を燃やすのに燃料を使い切らなかったら。

少なくとも我々は碑文をこすった。
カースサンがはるばるここまでたどり着けば、祠がそう遠くないことに気づくだろう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました