書籍

総督からの手紙

親愛なるジャロル卿へ

次に会うのを楽しみにしています。一緒に仕事をすることは常に私の喜びであり、極秘会談のために屋敷の地下にある秘密部屋の使用許可を与えてくれたことに非常に感謝しています。

我々の客は変わった方法ですぐに現地に到着します。彼らをしっかりと歓迎し、私が行くまで彼らの求めには必ず応じるようにしてください。私はもちろん、適度に遅れて到着する予定です!

それから私が到着する前に、カロラス伯爵と大司教がお互いに首を絞め合わないよう、しっかりと見張っていてください。我々には重要な取引があり、両者には目の前にある問題に集中してもらわなければなりません。彼らがお互いを絶えず中傷している様子を見ると、私には彼らがクヴァッチを一体どうしたいのか分かりません。

ああ、それと地下に来る時に、そちらの屋敷にある一番良いワインを持ってきてくれませんか? いずれにしてもその前を通るわけですし。

地方総督フォーチュナタ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました