スポンサーリンク
書籍

ドラゴンは放っておけ

お前の言うとおり、私もあのみじめなサーロトナックスを抹殺したいとは思っている。だが、それは後先を考えない身勝手な衝動だ。そんなことに時間を使えば、我々の責務は妨げられる。もう我々はドラゴンガードではない。あのマントは遠い昔に捨て去った。ドラゴン殺しは、もう我々の目標ではない。もしそうなら、この数百年の間に奴らを隠れ場所から追い出して絶滅させただろう。それは他の者の仕事だ。彼らに任せておけばいい。我々は玉座に注力する。

お前が例のクランマザーを頼ったおかげで、我々は大きな危険に晒されている。吸血鬼の行為に諸手を挙げて賛同する者は信じるな。ましてドラゴンの力を得る? それは幻想だ、グランドウルフ。お前の関与を正当化するための言い訳さ。任務がドラゴン殺しほど華やかでないことは分かっている。しかし虚栄に走るな。我々がここに残っている理由を忘れるべきではない。

私はアネクイナへ2日後に発つ。そちらへ到着する前に、この言葉を胸に刻んでくれ。

R

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました