書籍

貯水池の淑女:クエンの見解

私たちは大学で古きヨクダの書籍の翻訳を読んだ。
私は貯水池の淑女は、海の女王ハザディーヤだと思う。
彼女は有名で、彼女の民の子孫に尊敬されている。
ヒュー王子だって彼女の「古きヨクダの失われた島」を読んだかもしれない。
それに彼女をくるんだ生き物もシーサーペントよ。
これはヒューズベインが古きヨクダ自身の植民地であるかのように、ヒューズベイン唯一の自由港の水供給を海の女王が監視しているって意味ね。
尊大な象徴的表現。
まるでヒュー王子みたい。

―クエン

コメント

タイトルとURLをコピーしました