書籍

クラーラの日記

騒音、騒音、騒音! 騒音で溺れちまうわ!

薄汚いオークどもが一日中鉄を叩いて、木を切って、石を砕いている。
休む間もなくね!
自分の家ですら、臭いウィンターボーンが通路をうろつき、咳き込んでは汚らしい鼻を拭っている。
招かれざる客たちからは古い鹿皮と腐敗臭がしている!
奴らにも使い道はあるけど、あまりに少ない。少なすぎる!

安らぎを与えてくれるのは鳥たちだけ。
その声は騒音を打ち消してくれる。
そして騒音がやんだとき、そのささやきだけが残る。
あの汗臭い野蛮な男たちが森の中をバカみたいに駆け回っている間、鳥が本物の情報を持ち帰ってくれる。
秘密という名の情報を。
もっとたくさん鳥がいたらいいのに。
空を鳥で埋め尽くすわ。
そうしたら私の手が届かないものはない!

たくさんの鳥? そうよ! なんて名案なの!

もっと鳥を作りましょう!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました