スポンサーリンク
書籍

キヴの日記

あの小さな村は外れだと思ったが、そこでレディ・ジョーベルに出会った。ハイ・アイル出身の、かなり若い女だ。

宿屋でデートをして“芸術”の話をした。それなりの宝石を持っていそうだと思ったが、何も高価なものはなかった。だが、印章指輪をはめているのが見えた。

自分の一族ではなく、ヴェロイーズ商会のものだ。どうやって手に入れたのか聞かなければ。使えるかもしれない。

よく喋る女だが「個人レッスン」に誘うことができた… ストロス・エムカイの話をしてやると、彼女はぜひ冒険に出たいと言った。いや、完璧だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました