書籍

ウェイレストへ捧ぐファランゲル王の頌歌

これは余の初めての詩作の試みである。
これらの言葉は歴史に名を残すであろう。

「猛烈な波がうなり、暗闇のかかった海辺に寄って砕ける。
汝の塔の光は天空に輝く星々にも匹敵し、
その光は影の入り江において倍増される」

だめだ。
これはいかん。
これでは高尚すぎる。
余はこれを皆が共感できるものにしたいのだ。
歌ではどうだろう?

「もしも余に娘がいたら、きっと彼女はこう言うだろう。
ウェイレストの男に、毎日一緒にいて欲しい!
そしてもし息子がいたら、きっと彼は望むだろう。
ウェイレストの女と、毎晩一緒にいたいって!」

おっとっと。
変な方向に行ってしまった。
それもすぐにだ。
書記よ、どう思う?
何か考えはあるか?

「「ウ」は麗しいこの街の「ウ」
「エ」は偉い王様ファランゲルの「エ」
「イ」は行きたくない場所ダガーフォールの「イ」、
あの汚くて臭い貧民街」

よくわかった。
これではどうにもならん。
こういうことは吟遊詩人に任せるべきだと思う。

なぜまだ書いているのだ?
書記よ、確かに余はすべて書き留めろと言ったが…
よいか、命令に従わねば死刑にするぞ、止め――

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました