書籍

ケシュ:黒きヒレの戦争、パート2

黒きヒレのケシュの友人にして相談相手、ピーク・エリール著

ドーレス家の奴隷商人たちに対するケシュの戦争は幾つかの季節の間継続し、黒きヒレ軍団が勝利を刻むたび、彼女の忠実なサクスリール軍は拡張していった。
彼らは遠くから、また様々な地域からやって来てケシュに忠誠を誓った。
ダークエルフの支配地から解放された奴隷や、遠くの村から来た危険を好むサクスリールなどが参じた。
ストームホールドやヒストの影響外にある地出身の、都会化したアルゴニアンさえ何人か来たほどだ。

私もようやく成人の儀式を完了し、部族にとって一人前の大人と見なされるようになった。
私は残りの人生で何をしたいかを決断しようとしていた。
私はケシュが好きだったし、その大義を信じてもいたが、兵士や自由戦士になりたくはなかった。
私はもっと単純な生活を求めていた。
ヒストや、ザル・ウクシスに仕えるような生活が。
私は樹液を話す者や卵の番人になる定めだった。
少なくとも、当時の私はそう信じていた。
だから私はケシュに自分の望みを告げ、黒きヒレ軍団から脱退しようと決めた。

ケシュは私の事情を理解し、私を義務から解放することに同意してくれた。
しかしティー・ワンが野営地に戻ってきた時、私はまだ軍団と共にいた。
彼は今ケシュの密偵部隊長であり、ドーレス家の勢力との戦いに黒きヒレ軍団が利用できる情報を集めるため、何日も、何週間も戦場を駆けまわっていた。
だがこの時彼が持ち帰った知らせは、より大きく、より危険な敵に関するものだった。
「遠い海から来たよそ者が、スカイリムの地を侵略している」とティー・ワンは説明した。
「ストームホールドで私たちを助けたノルドからの伝言を持ってきた。吟遊詩人のジョルンからだ」

ジョルンの伝言は、アカヴィリと呼ばれる敵がウィンドヘルムの街を襲い、今はモーンホールドに向かって進軍していると説明した。
ジョルンの姉は命を落とし、今は彼が一時的にノルド勢力の指揮を執っていた。
「俺はこの邪悪な侵略を止めるため、ダークエルフに加勢する」とジョルンは書いていた。
「もしお前が借りを返すつもりなら、モロウウィンドで合流してくれてもいいぞ。お前たちアルゴニアンのシェルバックなら間違いなく、この紛争の戦況を変える力になるはずだ」

ケシュの目を見れば、もうジョルンを助けに行くと決めているのは分かった。
「ヴォス・フルク、虚空の炎」とケシュは副官たちを呼んだ。
「兵を集めてほしい。今日、黒きヒレ軍団は戦争へと向かう」

私はケシュと他の者たちに涼やかな風と澄んだ水を祈ったが、この冒険に加わるつもりはなかった。
私は故郷、シークハット・ゾルへ帰るのだ。
私は月が幾度か循環する頃には、彼らも帰ってくるだろうと思っていたが、それは間違っていた。
私は暦が10周以上するまで、再びケシュに会うことはなかった。
そしてその頃、彼女は大きく変わっていた。

だが噂は孤絶したシークハット・ゾルにさえも届いた。
私たちはノルドとダークエルフの共闘によって、そしてアルゴニアン戦士の思わぬ介入によって、アカヴィリは打ち破られたと聞いた。
その日、エボンハート・パクトが生まれた。
ケシュとその軍団はアカヴィリの脅威が片付いた後も同盟の地に留まり、新たに結成された同盟の境界を確立し、パクトが続く限りサクスリールの自由を守るため力を尽くした。
ケシュはスカイリムとモロウウィンドを巡回して時を過ごし、反逆者を潰すのに力を貸し、敵対する連合軍から境界を守り、最終的には三旗戦役で武器を取るに至った。

ケシュのこうした冒険に加わらなかったことを後悔しているか?
時々はする。
だが、卵の番人としてシークハット・ゾルで過ごす時間は、どんなものとも交換したくない。
たとえ再びケシュのそばで戦えるとしても。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました