スポンサーリンク
書籍

改良型"変異"モデル

グリーフ砦での実験で"分裂した変異"がうまく動作し、無事に転生者を作り出せることが証明されたものの、その工程は未だ遅く困難だ。シスター・セルディナは転生者の作成が一度に一体であることと、あまりにも多くの試行で完全に失敗することは許容できないと明言している。メエルーンズ・デイゴン卿が要求しているのは多数の生きた災厄で、ほんの一握りではない。

私は盲目の予言者の設計を分析し、成功率を大幅に高め、培養期間を短縮すると思われる数多くの改良点を割り出した。私の指示により、魔術師たちが共同して改良型"変異"と呼んでいるものの4分の1スケールモデルを組み立てた。これまでのところ、試験でモデルの動作は申し分ない。

次の段階ではフルサイズのドレモラで試験する。新たな設計ではシスター・セルディナの構想を完全に実行し、デイゴン卿が要求する数字の達成が可能になると確信している。

破壊者ノミオ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました