書籍

帝国大学のメモ

ダーヴィアン

この暗い洞穴であとどれだけ謎の連れと座っていられるかわからない。あなたが話をしている時の彼らの見返し方、ガラスのような目と精霊のような空虚さを見たら、我々が共通の言語を話さないと思うだろう。言うまでもなく、あなたの論文をロウソクの灯りの元で読んでいた私の目は、ほぼ見えなくなっている(ところであれはとても興味深いな。だが私の環境が刺激を求めさせているのかもしれない。気を悪くしないでくれ)

大学がここで何が見つかるのを期待しているのか分からないが、私が学んでいると思われるのは健常な精神をもって地中に住むことの効果だ。 ああ、始まりはきっとこうだったのだろう! 気高きエルフがファルマーになるという、哀れなどん底におちる緩慢な悲劇。友よ、もし私の精神状態が悪化して、よだれをたらし、凶暴になったら、事例研究で言及してくれ。

ジリヴェルン

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました