書籍

ハックウィングはどのようにして尾を手に入れたのか

ツリーンキーシュによって記録されたアルゴニアンの童話

ある日、ハックウィングがせっせと空を飛び回っていると、地上から呼びかける声が聞こえた。「ずいぶんうまく飛ぶもんだ」悪意に輝く目で空中のハックウィングを追いながらボグドッグが言った。「でも、地上での速さはどんなものかな?」

ハックウィングはボグドッグの頭に向かって一直線に襲い掛かり、彼が身をかわすとクスクスと笑って言った。「必要なだけ速くなれるわ」

「絶対に俺の方が速い」ボグドッグが挑んだ。

ハックウィングは空中で回転すると、ボグドッグからは届かない位置にある岩の上に軽やかに着地した。「一体何がしたいの?」

「レースさ。そっちが勝ったらもうお仲間を狩るのはやめよう」

「勝たなかったら?」ボグドッグを信用してはならないと知りながらハックウィングは尋ねた。

「俺が勝ったら」ボグドッグが吠えた。「あんたを食う」

ハックウィングはレースの条件について考えた。見逃すには惜しい内容だった。ボグドッグはそれは長い間、彼女の家族を狩り続けてきた。そして今、彼を阻止する絶好のチャンスを手にしたのだ。ハックウィングはうなずいた。「あの遠くにある大きな石まで競争しましょう。最初にたどり着いたほうがレースの勝者よ」

ボグドッグはうなずいた。「スタートする前に俺の横に並んでくれ。じゃないとどっちかが有利になって不公平だ」

ハックウィングはボグドッグを信じてはならないことを忘れ、頼まれたとおりにゴツゴツとした足場から降りた。その瞬間、ボグドッグの歯をむき出した口先が噛みつこうとしたが、ハックウィングはとても素早かった。彼女がさっと空に飛び立つとボグドッグは胴体を噛み損ね、その短い尾にぱくりと食らいついた。ハックウィングはできるだけ速く翼をはためかせてどうにか前に進んだ。彼女はボグドッグを引きずり、羽ばたき、力一杯動いて、ついに大きな石に到着した。

「勝ったわ!」彼女は得意げに羽づくろいをした。「尾を放して。あたしが勝ったんだから食べられないわよ」

ボグドッグはしぶしぶ尾を放した。その尾はあまりにも長く引っ張られていたので以前よりもずっと伸びてしまっていた。

今もハックウィングは長い尾を保ち、彼らの素早い先祖を称賛し、ボグドッグに約束を守ることを思い出させている。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました