クエスト

歴史の正確性

ESOインペリアルシティ > デイリークエスト

物語内容

ロンカノと話す

樹木園にいるロンカノと会話しましょう。

ロンカノ
ロンカノ

獣達がすべてを破壊している!
数世紀に渡る完全な記録が焼け落ちる!
私がもっと若いエルフだったら…
私は… 私は… クソ!

なぜ記録が重要なんだ?

ロンカノ
ロンカノ

浪費家の後継者が継承権の正当性を証明できなかったら、何が起こるか分かるか?
領土争いをしている時に、男爵が財産管理状を発行できなかったらどうなる?
戦争だ! 永遠に争うことになる!

家系図や条約、令状という土台の上に平和は成り立っているんだ!

分かった。
その記録はどこにある?

ロンカノ
ロンカノ

避難した時、持てるだけのものを持って門に走った。
他の者も同じことをしたはずだ。
私だったらそのあたりを探す。

だが探しに行く前に、まずは放火犯を片付けるんだ!
奴らを何とかしなければ、全て失われてしまうだろう。

デイドラを始末して記録を手に入れてこよう。

ロンカノ
ロンカノ

軍団兵はこの〈紙くず〉を心配する私を小バカにしている…
まあ、ほとんど生き残ってはいないが。
ふん。給料を払う制度が残っていないと知ったら、考え直すに違いない。

侵略の前はここで何を?

ロンカノ
ロンカノ

私は… 公文書保管人だった。
認可証を専門にしていた。
貴族の証明書、世襲称号の移行などな

非常に敬われていたんだ。
高名だったとさえ言える。
だが今は?
記録が風に舞ってしまった今は?
もう分からない。

失われた文書は闘争の理由になる?

ロンカノ
ロンカノ

ああそうだ。それは間違いない。
記録を管理する立派な機関がなければ、下位の貴族達は半狂乱になって隣人の領地をひったくり、音沙汰のなかった子供達との関係を主張しだすだろう…
皆が大変なことになる。

でもそれを証明する記録はないはず?

ロンカノ
ロンカノ

単純に新しいのを作るのさ。
亡くなった祖母の敷布団の裏で〈見つけた〉笑える偽造文書か、似たようなものでね。
それが本物かどうかを巡って永遠に議論するんだ。
マーラの慈悲にかけて。

厄介な仕事を抱え込むことになるだろう。

行方不明の帝国の記録を探す

樹木園を放火しているデイドロスと炎の精霊を倒しましょう。

ドレモラを倒して、行方不明の帝国の記録を探しましょう。

ロンカノに報告する

同盟基地に戻り、ロンカノと会話しましょう。

ロンカノ
ロンカノ

何か回収できたといいが。

見つけたものを持ってきた。

ロンカノ
ロンカノ

ああ、何もないよりマシだ。
状況を鑑みると、考えられないほど素晴らしい状態だ。

お前には助けられた。
いや、タムリエルの住人全員が、お前に助けられたのだ。
誰もそれを知らないだろうがな。
本当に感謝してる。

クエストを完了する。

ロンカノ
ロンカノ

ここは… 古代文書を保存するのに最適な場所ではない。
湿度が若干高くて、環境が良くない。
だがデイドロスの腹に比べれば、ずっとましだな。

街を奪還するまで、記録文書の保管に責任を持とう。

後日談

翌日に樹木園に行くと、クエストを再び受けることが出来ます。

※会話の内容が少し変わります。

ロンカノ
ロンカノ

君が見つけた記録文書は非常に貴重だが、不完全だ。
もちろん君のせいではない!

それで… 今は、かなり忙しいかね?

もっと記録を探してきてほしいか?

ロンカノ
ロンカノ

本音を言えば、その通りだ!
だが記録がどれだけ残っているかは分からない。
お前がいない間に、あの忌々しい炎のデイドラ達が現れたんだ。
奴らのせいで、すでに数え切れないほどの記録が失われてしまった!

デイドラを始末して記録を手に入れてこよう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました