書籍

ゴールドコーストガイド パート2

ゴールドコースト: ロングハウス帝の保養地
アスティニア・イサウリクス著 公開日: 第二紀566年 恵雨の月8日

歴史的都市クヴァッチ

丘から見下ろすクヴァッチの街は、シロディールでも最古のコロヴィア都市の一つで、豊かな歴史と脈打つ伝統を兼ね備えている。クヴァッチの住民は博識で快活、保守的で信心深いという評判を気に入っている。神々との交信、または神々の学びを求める敬虔な旅人にとって、クヴァッチの司祭は献身と信仰を行う巡礼者を、諸手を上げて歓迎してくれる存在となっている。

荘厳なたたずまいと豪奢な内装を誇る名高いアカトシュ大聖堂は、クヴァッチの空にそびえ立っている。各神の祠を擁する大聖堂は、その雄大さと美しさを眺める訪問者を各地から引き寄せる。大聖堂内やその周りでは、アカトシュ大司教と大聖堂の守護者である由緒正しき時の騎士団が任務を行う姿をしばしば見られる。彼らは、「クヴァッチの番人」という何世代にも渡って街の警戒に当たってきた者達の仕事を補っている。二つの団体に守られ、クヴァッチは帝国随一の安全な街となっているのだ。

一方で、クヴァッチが崇拝と熟考以外にすることがない場所であると考えてはならない。タムリエル最古のアリーナの一つ、伝説のクヴァッチ・アリーナも存在する。帝都のアリーナに匹敵するものは存在しないが、アリーナ最高の戦士の多くは、ここゴールドコーストにてキ戦いを開始した。クヴァッチ・アリーナで観戦を満喫すれば、帝都で地位を築く前の新たな戦士を見られる、素晴らしい機会が訪れるだろう。
* * *
国際的な楽園アンヴィル

ゴールドコーストへの旅路の寄港地、アンヴィルはアビシアン海の至宝!

ゴールドコースト最高の港街であるアンヴィルは、シロディール各地や、さらに遠方から訪れる王族や高官の保養地を有している。聡明で気高いエフレム・ベニルス伯爵が帝国総督の称号を冠し、夏の月に頻繁に訪れる皇帝の意向により、この素晴らしき街を統治している。幸運な訪問者なら、アンヴィル城のバルコニーから臣民に手を振る偉大なレオヴィック皇帝を見られるかも知れない。

タムリエル中の珍しいものや美味しいものが並ぶ素敵な青空市場を活用するために、旅人が至るところからやってくる。他の者は、数多の素晴らしいレストランで食事をするためにやってくる。また、砂の浜辺で戯れ、アビシアン海の澄んだ水で泳ぐ者もいる。街には貴族と資産家のためのたくさんの豪華な宿泊施設があるが、一部にはより手頃な料金で、居心地の良い浜辺に面したコテージの客室も提供されており、訪問者に料理を振る舞っている。

つまるところ、温和で美しいゴールドコースト以上に理想的な旅行先はない。アカトシュ大聖堂の聖地巡礼で行くにせよ、クヴァッチ・アリーナの心躍る戦いを楽しむために滞在するにせよ、古代の遺跡を研究するにせよ、アンヴィルの都会の輝きを見るにせよ、アビシアン海の端で快適さと冒険を経験するだろう。今すぐ来るといい。お会いできるのを楽しみにしている!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました