書籍

ヴァレン皇帝の悼辞

元老院議長、アブナー・サルン卿著

ヴァレン皇帝! なんと短く私達の空を輝き抜けたことか、まるで暗黒の中で私達の道を照らすために輝き出た、空の金属片のようだった!

高潔なヴァレン! 敬虔なヴァレン! コロヴィア人爵の息子、肉体の優れたパラゴン、戦略的でずる賢い狡猾な狐、あなたは私達の帝国をレマン時代の栄光に戻そうと努力した。あなたは私達に道を示した。ただあなたの臣民である私達が、あなたのもたらした試練に値していたなら!

レオヴィックがルビーの玉座に鎮座した時、彼の奇行にもかかわらず、あなたは仲間のコロヴィア人に皇帝に対して忠誠であるよう強く勧めた。あなたが「もう十分だ!」と叫び正義の剣を抜いたのは、悪意ある評議員達に騙されたレオヴィックがデイドラ公の崇拝を公認し、帝国での保護を宣言した時だけだった。

そしてコロヴィア人があなたの後ろで立ち上がった! アッシュ砦での帝国の部隊による最初の敗北の後、あなたはコロールの帝国軍を指揮し、レオヴィックをハートランドに退散させた。シロディールは救済者を得た。そしてレマンの真の継承者がついに現れたという噂が広まった。コロヴィアの州はあなたのドラゴンの旗のもとで一体となって立ち上がり、あなたは東へ進軍した。

次の戦争はつらく苛酷で、驚くべき勝利と、物凄く巧妙な策と、そして双方ともの逆転で溢れていた。リーチの民の援軍とデイドラの魔法に支援された帝国軍の力は、打ち負かすのがほとんど不可能であった。だがヴァレン、あなたは正しき力を味方につけた! ついに、あなたは帝国宮殿を勝ち取ろうと争い、そして帝国の玉座の間でレオヴィックを打ち負かした。

だが悲しいかな、私達のヴァレン皇帝、あなたはとても短い時間だけ王者のアミュレットを身に着けた。あなたの民をまた偉大にしたいという野望が、触れずにおくのが最良である神々の秘密に触れさせたと言われている。ああヴァレンよ、あの嵐の夜、震える地に、なぜ私達を置いて行ったのだ。そしてどこへ行ったのだ? きっとあなたは死んだのだ、もしまだ生きているのなら、民を希望が奪われたままにはしておかないだろうから。

ヴァレン皇帝、私達はあなたを忘れない。そしてどうにか進み続けようと奮闘し、あなたの輝かしい手本に従って生きようとする。だが再びあなたのような人物に会うことはないだろうと確信している。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました