スポンサーリンク
書籍

エルスウェアに恋して、9ページ

シャシャラ: [勇敢に] 「シャシャラは野営地の商売女ではありません。あなたの言いなりにはならない。手を離しなさい、司令官!」

ユリウス・クルイリウス: 「ハハ! この猫め! 無関心と高慢を装っているが、どんな女も、猫女でさえ、このユリウス・クルイリウスを拒むことはできない!」

[ユリウス・クルイリウスはシャシャラにキスしようとするが、彼女は猫の鳴き声を上げ、顔を引っかき押しのける]

ユリウス・クルイリウス: 「ほう! 威勢がいいな!」

[シャシャラは高級ワインの瓶でユリウス・クルイリウスの頭を叩き、瓶が割れる。彼はよろめき、呆然となり、混み合った酒場に消える。シャシャラが裏口から出ていくと、笑いが起きる]

ユリウス・クルイリウス: 「ユリウス・クルイリウスを笑うとは、許さん!」

[クルイリウスが出ていき、みんなさらに笑う。怒りと恥はさらに増す]

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました