スポンサーリンク
書籍

エルスウェアに恋して、5ページ

ユリウス・クルイリウス: [自慢気に、有頂天になって] 「…そして私、ユリウス・クルイリウスは、こうして帝国の司令官の地位を手に入れた!」

シャシャラ: [あくびを噛み殺しながら] 「とても劇的な戦いの物語です、司令官。ああ、詩人がリュートを調律しているようですね。広間にいる皆様のところへ戻ったほうが良いでしょう」

ユリウス・クルイリウス: [ワインを飲み干し、シャシャラの腕に手を伸ばし、流し目で] 「いや、違う戦いの時間だ」

シャシャラ: [クルイリウスが掴もうとする手を上品に避けながら] 「この者はそのようなカジートではありません、司令官。侮辱なさいませんよう」

ユリウス・クルイリウス: [敵意を持って] 「侮辱だと? 私を誰だと思っている!」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました