スポンサーリンク
書籍

エルスウェアに恋して、36ページ

ユリウス・クルイリウス: [厳格に、冷酷に] 「行け、ティゲリウス。街を焼き払え。特に、酒場をな」

ティゲリウス・ファルコ: 「司令官、お言葉ですが… 街も住民も、何も問題を起こしていません。なぜ焼き払うのですか?」

ユリウス・クルイリウス: 「お前は兵士だ、私の指揮下にある。命令に逆らうつもりか!」

ティゲリウス・ファルコ: [敬礼する] 「仰せのままに」

[ティゲリウス、ハンサムな顔に不安な影を落とした顔で去る]

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました