スポンサーリンク
書籍

エルスウェアに恋して、26ページ

ティゲリウス・ファルコ: 「シャシャラ、君の緑の瞳はとても緑で… まるで緑の宝石のようだ!」

シャシャラ: 「素敵なティゲリウス、あなたと離れたくないわ」

ティゲリウス・ファルコ: 「君の気高さは神々からの贈り物だ、シャシャラ。君のためなら、何でもしよう」

シャシャラ: 「帝国の軍を抜けること以外はね」

ティゲリウス・ファルコ: [動揺して視線を逸らし] 「帝国軍は、大切な場所なんだ。帝都の路上にいた孤児を受け入れてくれた」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました