スポンサーリンク
書籍

エルスウェアに恋して、19ページ

ティゲリウス・ファルコ: [英雄らしくひざまずく] 「私の大切な、柔らかな毛のシャシャラ、君が泣くのを見るのはつらい。この心は、君のものだ」

シャシャラ: [激しく泣く]

ティゲリウス・ファルコ: [寂しそうに立つ] 「分かったよ。君のような素敵な女性が、身分の低い帝国の兵士と時間を無駄にするのは間違っている。つい気持ちを告げたこと、どうか許してほしい」

シャシャラ: [去ろうとする彼を、上品な仕草で手を伸ばして止める]: 「違うの、愛しいティゲリウス! あなたの言葉は、シャシャラに寂しさと喜びの両方をくれた。一緒にいて、お願い」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました