スポンサーリンク
クエスト

見捨てられた者の夢

ESO南エルスウェア > サイドクエスト

物語内容

カティナ・ガラナと話す

南エルスウェアの北東にある洞窟「放棄された要塞」の入口にいる、カティナ・ガラナと会話しましょう。

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

あら! ごめんなさい、見えなかった。何か用?

待って。失礼したわ。私はカティナ・ガラナ。ホノリア執政官の娘よ。前執政官、というべきね。最近亡くなったの。話がまとまらないわね。ごめんなさい。ただ、頭が… 最近よく眠れないの

明らかに疲れているようだ。大丈夫か?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

正直に言うと、全然大丈夫じゃないわ。ずっと奇妙な夢を見るのよ

母さんが死んでから、毎晩この場所の夢を見る。手紙を書いている男がいて、私は母さんのネックレスをその男に差し出す。彼が向き直る。そこで起きるの

この場所は危険に見える。中に入るつもりか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

さあ… わからないわ。要塞に母さんがやり残した仕事があるという感覚をぬぐえないの。ネックレスとその男に関わる何かがあるのよ

私の代わりに、ネックレスを中に持って行ってくれない? これはこの謎の鍵になる。それはわかるの

なるほど。首飾りを渡してくれ。この謎を解決する手助けをしよう

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

あなたが助けてくれて、本当に嬉しいわ

私のような地位の女性は、公式晩餐会で眠るわけにはいかないの。母さんは… エセリウスで安らかに眠っているはずよ。墓の中から助けを求めてはいない

この場所について知っていることは?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

トパル軍団兵士官学校っていう、帝国の学校よ。学校だった、って言うべきかな。今ではこの辺りの人はみんな、放棄された要塞って呼んでる

帝国最高の戦術家たちがここで学び、ここで教えた… 母さんもその1人よ

そこで何が起きた?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

ナハテン風邪よ

ナハテン風邪は数千のカジートの命を奪い、長い間この地域に蔓延したの。校長が門を閉じて、誰も出入りできないようにしたって母さんに聞いた。でも壁は兵士を閉め出すためのもので、疫病は閉め出せなかった

では、軍団兵はナハテン風邪に屈したのか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

真実を知りたいの? 誰にもわからない。門は二度と開かれることはなかったし、母さんはその件を話したがらなかった

でもこれだけは言える。誰か… あるいは何かが、まだここの広間をうろついてるわ。うめき声やうなり声が絶えず聞こえるってみんな言ってる。アンデッドかもしれない

夢について詳しく聞きたい。いつも同じなのか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

始まりは全然思い出せない。でも終わりはいつも同じなの

私は要塞の外に立ってる。今の私たちみたいに。次の瞬間、私は中にいる。じめじめした廊下を歩いて、広い部屋に入る。そこには机に向かう誰かがいる。男よ

詳しく話せるか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

そうね… 疲れてる? 悩んでるのは確か。秘めた恨みで疲弊してる感じ

もっとよく見ようとして近づくの。すると彼は、止まれって手を払う。私は無意識に、母さんのネックレスを差し出す。受け取って欲しいと思ってるのね

しかし、受け取らないんだな

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

ええ。彼はふと目を上げて私を見る。疲れて充血した目よ。私によく似た目。一瞬、お互い見つめ合う。そして私は冷や汗をかいて目を覚ますの

ありふれてるって思うかもしれない。でも、説明できない苦しみがあるのよ

公式晩餐会と言っていたな。外交官か何かなのか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

ええ。母さんの跡を継いで、かな。少なくとも継ごうとはしてる

前に話したけど、母さんは生前、執政官を務めていた。帝国市民に気を配り、センシャルのカジート評議員と協力していたの

母が外交官だったなら、なぜ士官学校に導かれた?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

嘘みたいだけど、母さんはもともとは軍団兵だったの。一時期はここで教えてたこともある。きっと、年を重ねて丸くなったのね

母さんはここで過ごした頃の話をほとんどしなかった。過去に触れたくないんだなって、いつも思ってたわ

彼女はネックレスの重要性について、何か話していたか?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

死ぬ間際になって、やっとね

死ぬ前、母さんは朦朧としてた。最後に意識がはっきりした時に、私の手にネックレスを握らせて囁いたの。「許して」って。その時は、私に許してほしいって言ってるのかと思った。でも今は自信がない

会話を終えると「ホノリアのロケット」を受け取ります。

ホノリアのロケット

この黄金の家宝は古代の品に見える。どれだけ強く引っ張っても開かない部分が存在する

放棄された要塞に入る

放棄された要塞に入りましょう。

放棄された要塞
以前トパル軍団兵士官学校と呼ばれていたこの壮麗な建物からは、アカヴィリ最高顧問が指揮した最高の司令官たちが巣立った。現在では、ただの怪談以上の存在に苦しめられている。

要塞の中に入ると、ホノリアのロケットから声が聞こえてきます。

ホノリアのロケット
ホノリアのロケット

この広間は覚えている。立派だったのに… 今は、廃墟同然。全て私のせい

お願い、力を貸して。蔵書庫を探してほしいの。私の愛する人からの手紙が、執務机の上にある。私の償いはそこから始まる

探索を進めて、机の上にある「未送付の手紙」を読みましょう。

未送付の手紙

アクイラ・ペルトラシウス司令官殿

第二紀562年、薄明の月16日

閣下

申し上げにくいのですが、先の火耀に話していた保護の儀式を先延ばしにするか、見直す必要があります。欠かすことのできない参加者の1人、魔闘士ホノリア・ガラナが昨晩脱走したのです。手ぶらで去ったのであれば、同じ程度の技術を持つ魔術師を探して彼女抜きで儀式を完了できたでしょう。しかしまずいことに、彼女は重要な試薬を持ち去っていきました。我々は危機に立たされています。特別委員会を招集してこの裏切りについて話し合うと共に、ガラナが見つかった際に与えるべき懲罰について考慮することを正式に要請します。

ダイアモンドに手を置いて誓いますが、この困難の中にあっても、私は全力を尽くして儀式を行う所存です。しかし以前に申し上げた警告を繰り返しておかなければなりません。この呪文は死霊術の実践にある意味でとても近いものです。魂に影響を与え、あるいは変化させる魔術は常に危険を伴います。しかしすでに話し合った様に、ナハテン風邪に対する感染の脅威は、私の予測によれば士官学校の学生と学部にとって、遥かに大きな脅威となっています。ガラナの試薬なしに儀式を行えば、失敗の危険はより高まります。しかし我々は行動を起こさねばなりません。でなければ、ヴィトゥラシウス百人隊長の運命が、士官学校に属する他の者へも拡大するでしょう。

八大神がこの試みと、我らの愛する帝国を祝福しますように。

閣下の僕
魔闘士ジャノ・インヴェル

手紙を読んだ後、ジャノ・インヴェルが現れます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

誰だ? ここで何をしている?

ジャノ・インヴェルと会話しましょう。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

この士官学校に残ったものを強奪に来たのか? まあ、いい。どれだけ侮辱的なことを企んでこの広間に来ていようと、私がかけた呪いの前ではたいしたことない

何者だ? この手紙を書いたか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

私はジャノ・インヴェル、帝国の魔闘士にして呪文作成の教官だ。ああ、そうさ、その手紙は私が書いたもの

何の用だ? 20年間閉じ込められたんだ、退屈な会話ならごめんこうむる。簡潔に話せ。できないなら立ち去れ

カティナ・ガラナに頼まれた。彼女の母親のホノリアが、このネックレスを娘に渡した。認識できるか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ガラナだと? 八大神にかけて…

ああ、その名は知っている。そしてそのロケットは、結界呪文のフォーカスになるはずだったものだ。ナハテン風邪から我々を守るために使うつもりだった。だが、ホノリアはそれを持って消えてしまった

呪いと言ったな。このロケットは呪いを破れるのか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

希望を持つのはためらわれる。だが、そうだな、おそらく破れる

ホノリアがロケットを持ち去った後、新しいフォーカスを作ろうとした。ホノリアが大切にしていた物で作ったトーテムだ。3回試して、全て失敗した。そして結果は… ご覧のとおりだ

何ができる?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

そのロケットは、同じ呪文のかかった別のトーテムへ導いてくれるはずだ。腐敗したトーテムを破壊しなければ。トーテムは、私たちの魂を、失敗した結界の儀式に縛り付けている

破壊したら、ロケットを持って戻ってきてくれ。そうすれば壊れた物を直せる

この結界呪文について教えてくれ

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

お前はトーテムを使った私を馬鹿にするだろうな

儀式は魂を結びつける。魂石とよく似ているが、違うのは肉体も結びつけることだ。儀式のフォーカスが無傷なら、呪文に触れた者の肉体と魂も無傷なままだ

何があった?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

魂に影響を与える呪文は常に危険を伴う

愛する… いや、私のパートナーであるホノリアはロケットが強力なフォーカスになると確信していたようだ。それを彼女に渡した。私の母のものであり、彼女の母のものであり、他にもたくさんの人の手を渡ってきた

このロケットの何が特別だ?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

そこには… 感情的な力がある。結界の儀式は強い絆に依存している。人々の絆にな

私たちが互いに抱く好意、ロケットと共有する関係のおかげで、ロケットは完全なフォーカスになった。だが、彼女は去った

では、別のフォーカスを探そうとしたのか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

そうだ。匹敵する価値を持つトーテムをな

彼女にとって大切な品を使おうとした。彼女が置き去りにした物を。だがどれも、あのロケットには及ばなかった。絆が弱すぎたんだ。儀式を行うたび、呪いは深刻になっていった

他の軍団兵をアンデッドにしたのか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

すぐにではなかった

彼らは徐々にナハテン風邪に倒れていった。呪文は彼らの肉体を守るには弱すぎ、死なせるには強すぎた。それで魂と死体が残ったんだ。生き地獄だよ

なぜホノリアは出て行ったと思った?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ホノリアは疑問を持っていた。みんな、そうだった。だがどこかの時点で、彼女は儀式への信仰を完全に失ったようだった

私は激怒した。最初はね。任務放棄の罪で逮捕の要求まで考えた。あの手紙を出していれば、そうなっていただろう

ホノリアの娘は、その手紙を書いている光景の明晰夢に苦しんでいる

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

さほど驚きはしない。あれは人生で最も長く、最も苦しかった夜だ

だが手紙は出さなかった。出せなかったんだ

どうすればトーテムを破壊できる?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

結界の呪文のせいで、普通の方法ではトーテムを壊すことはできない。だがロケットの存在が、呪文を不安定にするだろう

トーテムの近くでロケットをかざせば、崩れてアルケインの煙になるはずだ

はず?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

呪文作成は数学じゃない。「はず」というのは、魔闘士が確実さに言及するときの最上級の表現だぞ

もう一度、ジャノ・インヴェルと会話しましょう。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

仲間のこの状態については謝る。見た目はこうだがあのうろつき回る死体たちは、かつては気高く、帝国によく尽くしていた。卓越した戦術家、優秀な学者… そして、良き友だった

ホノリアと私のせいでこうなった。それは考えないようにしている

汚したトーテムを破壊する

探索を進めると、ホノリアのロケットが話し始めます。

ホノリアのロケット
ホノリアのロケット

ジャノは人々を救うために必死で、私はその期待に応えられなかった。皆の期待にも。だから私は、償わなければならない

でも… ジャノは私が去った理由を知らない。あの時守らなければならなかったもの、私自身より大切だったものを、伝えてさえいれば…

探索を進めて「ホノリアの剣」を破壊すると、ジャノ・インヴェルの過去の幻視が現れます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

まだやれる。ホノリアがいなくても。ただ、彼女が大切にしていた物が要る。彼女はこの剣をいつも磨いていた。うまくいく。でないと困る

ホノリアのロケット
ホノリアのロケット

ジャノは全力を尽くしたけど、一つ大事な点を忘れていた。道具は私たちを結び付けなければいけなかった。私たち二人を。ごめんなさい、ジャノ…

探索を進めて「ホノリアの日記」を破壊すると、ジャノ・インヴェルの過去の幻視が現れます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

お前はいつも自分の秘密を大事にしていたからな。これで足りるだろうか… お前の心配。喜び。密かな欲望。今日、また兵士が1人病に倒れた。足りるはずだ

ホノリアのロケット
ホノリアのロケット

日記を読んでいれば、私がなぜ去ったかわかったはずなのに。ジャノ、今回だけは私の秘密を気にせず、日記を読んでほしかった

探索を進めて「子供の玩具」を破壊すると、ジャノ・インヴェルの過去の幻視が現れます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ホノリア… それに何だそのおもちゃは! 子供の頃のお気に入りか? やってやる… ホノリア、よくも私を置いていったな!

ホノリアのロケット
ホノリアのロケット

私がこの手でその人形を編んだのよ。私たちの… ジャノの子供への贈り物。ジャノは私が娘を身ごもっていたことにまるで気づかなかった。忙しかったから。いつも忙しかった

あの儀式は… 魂縛りの儀式よ。あんな呪文のために、子供の命を危険には晒せなかった。だから私は去ったの。自分の臆病さが憎い… 別れを告げることさえしなかった。でも今なら、償いができる

ジャノ・インヴェルの所に戻る

ジャノ・インヴェルの所に戻ると、ジャノ・インヴェルが話し始めます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

これを試す前に質問はあるか?

ジャノ・インヴェルと会話しましょう。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

よく戻ったな。八大神に感謝する

トーテムを3つとも破壊したか? そうであることを祈る。すでに拘束が弱まっているように感じる。ロケットにかかった魔法を解けば、ようやく我々の魂は安らげるだろう!

トーテムはすべて破壊した。ロケットの魔法をどうやって解除すればいい?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ロケットを炎に落とすんだ

たとえ最高の状態でも私がムンダスに留まる力は弱い。お前がいない間に、この炎に何とか魔法をかけた。ロケットにアルケインの力がまだ残っていても、焼け落ちるはずだ。この魔法が消えれば… エセリウスが待っている

ホノリアの姿の一部がこのロケットに紐付いているようだ。ロケットを燃やせば彼女も燃えるか?

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

呪いを解くには何が必要か、彼女は知っている。何が起ころうと彼女は準備ができていると信じている

ロケットを炎に落としてくれ。頼む

もう一度、ジャノ・インヴェルと会話しましょう。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

頼む。急いでくれ。エセリウスの平穏が、すぐそこなんだ!

儀式のかがり火を使うと、ホノリア・ガラナが現れます。

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

ジャノ。八大神よ… うまくいった

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ホノリア? 本当にお前なのか?

ジャノ・インヴェルと会話しましょう。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

本当にホノリアなのか? 彼女を最後に見たのは、もう… 彼女と話してくれ。言葉が出てこない

ホノリア・ガラナと会話しましょう。

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

カティナは味方を選ぶのが上手ね。それでこそ私の娘よ

ついに私たちも休める。ようやくね

それで、これからどうなる?

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

そうね… 裏切ってしまったあの人と和解してみる

私たちがエセリウスに流れて行く前に、もう一度カティナに声を伝えられるといいけど。もし駄目だったら、愛しているとあの子に伝えて。誰よりも。あの子をあんなに苦しませることになるなんて

ジャノについて、彼女にどう言えばいい?

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

真実を伝えて。あなたの父は危険を顧みず、全員を救おうとしたって。私はあの子の無事を第一に望んでいたけれど

ジャノと私はどちらも間違いを犯した。プライドと強情。臆病と苦悩… でも、私たちはやり直せる。平安を見つけられる

もし呪いを解けば、残ったアンデッドはどうなる?

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

肉体はいつだって鈍重で頑ななもの。死体はもうしばらく広間を彷徨うかもしれない。でも保証する。彼らの魂は呪いから解放され、ほどなくエセリウスへの道を見つけるでしょう

そうか。見たことをカティナに伝えよう

会話を終えると、ホノリア・ガラナとジャノ・インヴェルが話し始めます。

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

あなたが私を必要としていた時、いなくなってごめんなさい。臆病だったの。でも、伝えなければならないことがある。私が逃げた理由を

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

一体どんな理由がある? 我々は彼らを救えたんだぞ。なぜ私の元を去った?

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

来て、ジャノ。私たちが消えてしまう前に見せてあげる

カティナ・ガラナと話す

洞窟の外にいる、カティナ・ガラナと会話しましょう。

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

八大神に感謝を。戻ったのね! 何を見つけたの? 母さんの魂は安らかに眠ってる?

ああ。ホノリアは救われた。夢は終わるはずだ。愛していると伝えてほしがっていた

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

ほっとしたわ。両方の意味でね。母さんが悩んでた理由はわかった? 何が原因だったの?

ジャノ・インヴェルという男が、呪文の詠唱にホノリアの力を必要とした。彼女は出て行って、呪文は失敗した

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

そして、その呪文は呪いになった。この20年間、学校を悩ませた呪いね。なるほど

でもわからない。なぜ母さんは、その人が助けてほしいときにいなくなったの? 私の知ってる母さんは、友人を見捨てたりしない

娘に対する呪文の影響を懸念したようだ。その時はすでにカティナを身ごもっていた。父親はジャノだ

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

父親? まさか、そんなことが?

すぐには無理。すべてを納得するのは。母さんが長年、この重みに耐えてきたなんて信じられない。でも、とにかく母さんを助けてくれてありがとう。2人がエセリウスで和解する方法を見つけてくれることを願ってる。母さんと、父さんがね

役に立ててよかった

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

眠らないといけないんだけど、これだけ色々あると眠れるかどうかわからない。母さんの過去の秘密、存在すら知らなかった父さん… とても重いわ

とにかく、何から何までありがとう。八大神の祝福がありますように

クエストを完了する。

クエストを完了した後、ジャノ・インヴェルとホノリア・ガラナが現れます。

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ホノリア。この子は誰だ?

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

これはあなたの娘よ、ジャノ。カティナよ。だから私はあなたの前から去ったの。まだ生まれてもいない子供に、あの儀式は危険すぎた。言おうと思ったの。何度も。でもあなたは忙しくて… 私には勇気がなかった

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

カティナ… 知らなかった。目がお前と同じだ、ホノリア

ホノリア・ガラナ
ホノリア・ガラナ

頑固さはあなた譲りよ。だからきっとこの子が、私たちを助けてくれると思ったの。あなたには言うべきだった。本当にごめんなさい

ジャノ・インヴェル
ジャノ・インヴェル

ありがとう。この子を見せてくれてよかった。ただ… もっと時間があれば

カティナ・ガラナと会話しましょう。

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

センシャルへ戻る前に、少しここで休むわ。何週間も休んでなかったから

これはこれですごいわね?

何かとは何だ?

カティナ・ガラナ
カティナ・ガラナ

要塞よ。シロディールの外に、これほど壮大な帝国の建物はあまりない

ここを取り戻せるかもしれない。アンデッドを始末できれば、再建して… 歴史を学べる。両親も誇りに思うはずよ、きっとね

後日談

エルスウェアの誇り

当クエストを完了している場合、南エルスウェアのエピローグクエスト「エルスウェアの誇り」にカティナ・ガラナが登場します。

クエスト報酬

  • 経験値(中)
  • ゴールド(中)
  • 放棄された要塞の鎧
放棄された要塞の鎧

[分類] 防具 ➔ 重装鎧 ➔ 胴体 ➔ センシャルの守り手セット

トパル士官学校の奥深くで見つかった、時の流れに影響を受けていない帝国の胸当て。

関連リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました