スポンサーリンク
書籍

ドラゴン: 女王への報告

ユーラクシア女王陛下

この報告は、北エルスウェア中でその存在を知られるようになったドラゴンに関する結論を要約したものです。

ムラームニルと名乗る竜は、カールグロンティードと呼ばれる、さらに強力な怪物へ従っています。その者はカジートの反逆者たちに対する我々の戦いに、ドラゴンの支援を申し出ています。陛下が予期した通り、あの巨大な獣たちは勝利の多くに決定的な役割を果たしています。ムラームニルを説得して一度に1匹以上を貸してもらえれば、この地域全体を支配できるかもしれません!

残念ながら、ドラゴンは我々の兵と敵の区別ができないか、あるいはする意思がないようです。彼らは味方に犠牲を出すことを気にも留めず、標的が何であれ破壊しています。あの怪物を制御しようとしても、ほとんど機能していません。

以下は私の進言です。ムラームニルに命じて、ドラゴンに命令へ従うよう教示させることです。武器とは行動を制御できた時に、最もうまく機能するものです。

それに加えて、我々の同盟を確実なものとするため、ドラゴンを支援する必要があります。暗殺部隊を送り、エルスウェアの荒野に隠れていると信じられている、最後のドラゴンガードを抹殺することを進言します。

ジャガス百人隊長
女王の宮廷戦略家

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました