書籍

ドランドの最期のメモ

この奇妙な生き物を何かが操っている。
ドゥエマーコンストラクトを操るようにだ。
だがどうやって、何のために?

圧力弁と関係があるに違いない。
バゾーグベグは3つ見つけた。
遺跡内に点在している。
「起動、変換、収斂」と彼は呼んでいた。
あの熱のすべてが、エネルギーのすべてが施錠された中央の部屋に流れ込んでいる。
何のために? よからぬことに違いない。

圧力弁が鍵だ。すぐに閉めなければ!
圧力が解放され、エネルギーが逃されれば、中央の部屋の扉が開くはずだ。
願わくは我々がまだ――

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました