書籍

倒れた探検家の日記

7日の間、私はこの遺跡の大広間をうろついてきた。
2日目の終わりには、完全に迷ってしまった。
5日目の終わりには、食料が底をついた。
今、静かで悲惨な1週間目の日没がやって来て、水筒からはただ1滴の水も絞り出すことができない。
どうやら私はここで、幽霊と巨大な石の門に囲まれて死ぬらしい。

この魔法の扉に嘲られている!
囁き声は毎回逃げ道を約束するが、扉を抜けても太陽はない。
ただ虚無が一瞬だけ輝き、それから元通りの、やはり暗い地下室があるだけだ。
このアイレイドの石細工はあまりに厳格で、荘厳だ。
私は野外で死ぬのに、もう墓に埋められた気分だ。
巨大な石棺に埋められているのだ。

一人で死ぬのではない。
ここはベールが薄い。
薄すぎる!
最初は囁き声だけが聞こえた。
風に漂うアルゴニアンの泣き声と、アイレイドの声。
だが3日目には、彼らがはっきりと見えた。
まばゆいほど華麗な、アイレイドの幽霊たち。
彼らは私を見ず、私の存在に反応もしなかった。
彼らはひたすら、古い出来事を再演していた。
いくつかの場面はあまりに平凡で驚いた。
だが他の場面は、失われた真実と古代の脅威に満ちている感じがした。
ここで何か恐ろしいことが起きたのだ。
最初はアルゴニアンに、後にはアイレイドに。
この遺跡の中(下かもしれない)の何かが、これらの出来事の展開を見るよう私に要求している。
その帰結の深刻さを感じるよう要求しているのだ。
何かの力が私の理解を求めている。
私はそれゆえに死ぬのだと思う。
理解できなかったから、残らねばならないのだ。

この日記を誰かが見つけたら、あの幽霊たちに注意深く耳を傾けてほしい。
彼らは大いなるアルゴニアンの財宝の物語を伝えている。
彼らの言葉に隠された、深い真実を学べる洞察力が自分にあればと思う。

今はもう、書き物は沢山だ。
近くにまた門が見える。
もしかすると、これで家に帰れるだろうか。
とにかく力を振り絞らなくては。
ただ、少しだけ休みたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました