クエスト

残されたものの始末

ESOブラックウッド > サイドクエスト

物語内容

ミム・ジャサと話す

ブラックウッドの北東にあるブラッドラン洞穴の外にいる、ミム・ジャサと会話しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

お前、腕が立ちそうだな。助手として雇えないだろうか?

ここはかつて命を落とした闇の一党の栄誉ある墓だったが、今では死が歪められる魔窟と成り果てている。すべてを飲み込む循環が、ここでは変質させられているのだ

どういう意味だ?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

私はニッソだ。ここに眠る三人の高名なシャドウスケールに対し、最後の儀式を執り行うためにきた。だがツマ・マクサスという死霊術師に追い払われてしまった。奴は自らの利益のため、彼らの遺体を穢す気なのだ

遺体を汚す?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

そうだ。私が向かった時、奴はすでにシャドウスケールの遺体を蘇らせており、自分のために戦わせたのだ

私は三名のシャドウスケールをこの運命から救い、最後の儀式を執り行わなければならない。彼らを救うには、彼らの遺骨を破壊する必要がある。助けてくれないか? 助力してくれれば、対価を払おう

シャドウスケール3名の遺体を破壊するのを手伝おう

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

名高いシャドウスケールの遺体には虚無の静けさこそが相応しい。創造の前には破壊が起きねばならない。破壊によって、新たな循環が始まるのだ

急ごう、洞窟の中で遺骨を探し、破壊しなければ

なぜ遺体を焼く?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

シャドウスケールの魂は、死した時にヒストへ戻っているはず。その亡骸はそっとしておくべきなのだ。遺骨を力に酔いしれた者の操り人形にさせてはならない

燃やしてしまえば、彼らを使役することはできなくなる

なぜこの三人のシャドウスケールがそれほど重要だ?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

彼らはシシスに近い位置にあった存在なのだ。その力と生き様とを称えられ、埋葬されたのだからな。だからこそ、私はここにきた

だがツマ・マクサスは己の利益のために彼らを掘り返し、その亡骸を汚した

ニッソとは何だ?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

我らは「無の代弁者」とも呼ばれている。シシスと虚無の真実を称える者たちだ。我々は異なる言葉を話すが、その目的はこれらの教訓に従う

我々に加わるには、ニッソに弟子入りせねばならない

全てのニッソは倒れたシャドウスケールに儀式を行うのか?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

ニッソにはそれぞれ違うやり方がある。私は恐怖や死、変化といった避けがたい真実が損なわれぬようにすることで、シシスへの敬意を示しているのだ

シャドウスケールの遺体を破壊する

ブラッドラン洞穴に入りましょう。

ブラッドラン洞穴
「闇の一党にはたくさんの巣がある。鳥のように、長く使い続けることは少ない。飛び去る時には、完全に姿を変えてから出ていく」―エラム・ドラルス

洞穴に入ると、ミム・ジャサが発言します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

時間は変化の力だ。急ごう

探索を始める前に、ミム・ジャサと会話しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

急ぐぞ。偉大なるシャドウスケールの遺体を探し、確実に破壊せねば。歯の平らな信者に遺体を冒涜させるわけにはいかぬ

探索を進めると、シャドウスケールの遺体を発見します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

ツマ・マクサスはすでに遺体を発見している。急いで破壊せねば

シャドウスケールの遺体を破壊しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

創られしものはすべて、いずれ破壊され新たになる。その循環は決して、途切れることはない

更に探索を続けると、別のシャドウスケールの遺体を発見します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

ツマ・マクサスに遺体を渡しはしない

シャドウスケールの遺体を破壊しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

破壊が平穏を導いた

更に探索を続けると、別のシャドウスケールの遺体を発見します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

このシャドウスケールは頭蓋骨がない。理由は想像できる

シャドウスケールの遺体を破壊しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

骨が虚無の空虚を見つけますように

3体のシャドウスケールの遺体を破壊した後、ミム・ジャサと会話しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

遺体のほとんどは破壊できたが、頭蓋骨のないシャドウスケールの存在が気にかかる

あの遺体は、かつてアジュム・シェイに属していたのだろう

アジュム・シェイ?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

自らの目をつまみだし、強力な死霊術の宝石を眼窩に封じたと言われているシャドウスケールだ。それによって、死者の霊を見る力を授かった

ツマ・マクサスは儀式を行うため、それを奪ったに違いない

どうすればいい?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

私の考えが正しければ、ツマ・マクサスの儀式場を見つけねばならない。奴が頭蓋骨とその中の宝石の力を儀式に使ったのなら、近くにあるはずだ。必ず頭蓋骨を破壊し、使命を果たさねば

急ごう、チャンスを逸してしまわぬように

アジュム・シェイの宝石がどうツマ・マクサスの役に立つ?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

はっきりとはわからない。ツマ・マクサスは前から宝石のことを知っていたのか、アジュム・シェイの亡骸を掘り起こした時、力に気づいたのだろう

宝石に備わったあれほどの死霊術の力は、どんな儀式であろうと強化する触媒になり得る

頭蓋骨がまだ付近にあるとどうして分かる?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

これだけの力を持つ儀式は、準備に時間がかかるものだ。ツマ・マクサスには必要な素材を準備し、頭蓋骨を集束点として使うための場所が必要だ

儀式の場所を見つければ、頭蓋骨もきっとそこにあるだろう

盗まれた頭蓋骨を破壊する

探索を進める前に、ミム・ジャサと会話しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

時間を無駄にしたくない

死んだシャドウスケールの頭蓋骨を破壊して、彼らの霊魂をツマ・マクサスの支配から完全に解放せねば

探索を進めると、ミム・ジャサが発言します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

頭蓋骨はここのどこかにある…

更に探索を進めると、死霊術師ツマ・マクサスとアジュム・シェイの頭蓋骨を発見します。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

あそこだ。あれがアジュム・シェイの頭蓋骨だ

ツマ・マクサス
ツマ・マクサス

俺を止めさせはしない! 俺が支配するんだ!

ツマ・マクサスを倒しましょう。

ツマ・マクサス

ツマ・マクサスを倒した後、アジュム・シェイの頭蓋骨を破壊しましょう。

アジュム・シェイの頭蓋骨
ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

終わった。変化をもたらすシシスに感謝を

ブラッドラン洞穴の外に出て、ミム・ジャサと会話しましょう。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

シャドウスケールの遺体は破壊された。成すべきを成すことができたのだ。ありがとう、勇敢な旅人。この任務はお前の助けがなければ終えられなかった

シャドウスケールの霊魂はもう無事か?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

ああ。遺体が利用されることはもうなくなった。彼らの霊魂がまだ近くに居るならば、きっとお前の奮戦に感謝しただろう

私も、感謝の気持ちを形にするとしよう。助力への礼だ

クエストを完了する。

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

別れる前に、一つ助言を

いいか。人生の旅路において、あらゆるものは過ぎ去っていかなければならぬ。それが、再び始まるための合図なのだ。この単純な事実を知っていれば、喪失による苦痛は軽くなろう。時に諦めることこそが、失われしものの再臨の助けとなるのだ

次はどうする?

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

私は続けていく。それがニッソとしての使命だからだ

この使命が次に私を何処へと誘うかは定かでない。確かなことは変化のみ。次に歩む道がどんなものであれ、今歩む道とは異なるものだろう

幸運を祈る

ミム・ジャサ
ミム・ジャサ

お前にも幸運があらんことを。この使命が次に私をどこへ誘うかは定かでない。だが、いつかまたお前と会いたいものだ。今日、旅を共にできたこと、うれしく思うぞ

変化をもたらす者シシスは今日、称えられた。こうして想像と破壊の円環は続いていくのだ

関連資料

シャドウスケールへの祈り

絶え間なく変わるシシスを称えよ。

尽きたものは取り戻された。

虚無の無、ヒストの囁き。

血が刃を研ぎ、根を湿らせた。

影を通り抜け、戻れ。

ツマ・マクサスの日記

かなりの捜索の末、私、ツマ・マクサスは墓所を発見した。今は私の名に影響力はないが、いつの日か口にする者を戦慄させるだろう。

予想どおり、ここには数多くの人が埋葬されている。うまい具合に隠れている上、ここにはすでに獣が住んでいるため、比較的人の手に触れられていないようだ。この場所を無傷で通過できるか否かは、真の勇気があるかどうかの問題になるだろう。だが、私のために戦う死体を蘇らせ始めれば、すぐにずっと楽に過ごせるようになる。単純にそれまで粘ればいいだけの話だ。

* * *

胸躍る進展だ。かつてその名を知られたシャドウスケール、アジュム・シェイの遺体を見つけたようだ。彼は眼窩の内部にはめこまれたままの宝石と共に埋葬されていた! 私にとっては幸運な発見だ。頭蓋骨から引き抜けなかったので、頭を完全に取り除いた。この桁外れな発見を活用するためには、持ち帰る必要がある。

メモ

★要検証項目★
キャラクターの種族がアルゴニアン且つ、闇の一党スキルレベルが一定以上、あるいは闇の一党のストーリー進行度によって、会話の差分があるかどうか。
※レベル1では差分はありませんでした。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました