スポンサーリンク
書籍

しわになった童謡

「徳への渇望」、ある友人による作曲

素敵なスレンダルの揺りかご
ひしゃくの中にはスープもなく
熱い茶のための水もなし

水の貯えは減り続け
心もまた沈み続ける
霊魂の慈悲はいずこへ?

倒れて死にゆく者たちに
彼らは涙も流さなかった
水がそよ風のように流れたから

ただ一人だけが慈悲に値する
そして我らは彼女に報いる
病を生き延びた素敵な猫に

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました