スポンサーリンク
書籍

クラフトモチーフ107:掃滅王の精鋭

戦闘の混沌にして切望の要塞の副官、キンマーチャー・コリサラ著

日々、デイゴン卿のニルン征服計画は進んでいる。野望の神が自らに属する者をいつまでも寝かせておくことはない。彼が力を集めて次の襲撃の準備をしている間、我々も準備を整えなければならない。ヴァルキナズ・ノクブロズの賛同を得て、我々の精鋭のため新しい防具と武器を鍛造することをここに命じる。

デイゴンの掃滅王は、赤い血の暁の挑戦を受けて立つだろう!


掃滅王の兜にそびえる角の王冠は、デッドランドの尖塔から着想を得たものだ。額にバイザーをつけずに済むよう、それぞれに付呪すること。デイゴンの戦士は敵が見えなくてはならない。だが剣がグサリと突き刺さった時、成功に歪む暗黒の笑顔は、我らが混沌の王だけに捧げるものである! デイゴンの名にかけて!

肩防具
上向きに広がる棘はデイドラの鎧の伝統であり、引き継ぐべき伝統だ。鍛冶頭の中には鎧の肩甲の大きさを勝手に変更する者がいるので注意しておく。掃滅王の鎧ではやらないように。大きすぎる肩防具は劣った戦士に与えておけ。デイゴンの精鋭には自由な動きが必要だ! デイゴンの名にかけて!

胸当て
全ての掃滅王の精鋭の胸の内で、デイゴン兵の暗黒の心臓が脈打っている。無謀にも我らの戦士と剣を交える者全てに、その誇り高き胸が発するデッドランドの力を見せてやる。混沌の王の深紅の力が損なわれることは決してない! デイゴンの名にかけて!

手袋
先端のとがった爪は篭手から伸びていなければならない。ただし、軽装備の呪文使いが使用するものは例外とする。「汎用型」などは無能なシヴキン用なら十分だが、私の指揮下ではありえない! デイゴンの名にかけて!

ベルト
何故ベルトの用途を書き記す必要があるのかよく分からない。ベルトとは、戦士の足を覆うものを体に固定させるために使うものだ。バックルが他の部位の防具スタイルと調和するよう、最大限の努力をするように。デイゴンの名にかけて!

脚当て
あまり動きにくくならないように、掃滅王の脚当てのプレートには注意を払わなくてはならない。同様に、寸法合わせの工程では各兵士が確実に適切な指示を受けられるようにすること。隆起した素材のせいで、戦闘中に命を落とす勇敢な戦士が多すぎる。デイゴンの名にかけて!

ブーツ
膝の関節にある広がったスパイクは敵をためらわせる。慎重に配置すること。我らの戦士は戦いに踏み込み、図々しくも我らの邪魔をする哀れな者たちを撃滅する。何人たりとも、鎧で全身を固めた掃滅王の精鋭を目にしながら、その凄惨な目的を疑うことはない。デイゴンの名にかけて!


我らの闇の王の容貌はこの防具を板金で覆うことで暗示しなければならない。この盾の顔からデッドランドの力が睨みつけるのだ! 掃滅王の守りを破れる者など1人もいない! デイゴンの名にかけて!

短剣
自信に満ちた指導者として、私は最も崇められている掃滅王のアサシンたちにこの短剣の評価を依頼した。より詳細な技術的指定が組み込まれている。私からの高度な指示は鞘から抜かれた時、メエルーンズ・デイゴンの憎むべき敵を確実に震え上がらせろというだけだ。デイゴンの名にかけて!


この命令が切望の要塞の鍛冶頭である鍛冶職人のシランドへ、確実に届くようにしてほしい。彼女は他の候補者を十数人の相手にした戦闘で掃滅王の刃をデザインする権利を勝ち取った。この武器にどれだけ残酷な返し棘や巧みなねじりが散りばめられていようと、混沌の王の意志を実行する彼女の技には全幅の信頼を置いている。デイゴンの名にかけて!


斧使いにはデイゴンの軍における輝かしい戦績がある。腕の強さを広がった棘と先端のしっかりとした重量の抵抗によって見せつけてやるのだ。武器を敵の喉に振り下ろす時、私は腱がちぎれ、骨が断たれる感触を得たい! デイゴンの名にかけて!

戦棍
おお、我が選り抜きの武器よ! 大槌と戦棍はそれぞれ完璧な重量を持たせなければならない。この武具は1回鍛造するごとに2回試験すること。苦しみを与えるスパイクを惜しんではならない。表面には何かを付け加えること。最近のデザインの中には、脇にスパイクをつけず素材を節約しているものがある。頼りない! 掃滅王の武具ではありえないぞ、鍛冶頭よ! デイゴンの名にかけて!


デイゴン信者の呪文使いは歩兵と同じように、接近戦に関する訓練も十分に積んでいる。彼らには長さが定命の者ほどもある、先端に棘がついた戦杖から呪文を放ってもらおう。誰もが掃滅王の魔法部隊の栄光を知るだろう! デイゴンの名にかけて!


弓の外殻のスパイクで、遠距離型の戦士でさえ敵の一撃をかわせるようになる。しかし矢筒の周囲に板金を張り、鎧に対するさらなる努力も怠らないように。予備の矢に一撃をくらっても攻撃不能になるわけではないことを、我らの旗の下の兵士全てに知らせるのだ。デイゴンの名にかけて!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました