書籍

伝令が運んだ手紙

好奇心に満ちた目があらゆる場所にあるため、このような形をとることをお詫びしたい。

お前が是が非でも知りたいと思っている情報を持っている。あの奇妙な遺跡で共に過ごした後に知った情報だ。

ギデオンの南側にあるアムニス邸に来てくれ。お前とあのウッドエルフだけで。

誰にも言うな。最大限に注意を払い、また俺を信用してくださるよう願う。俺の意図が誠実なものであることを、誰もが信じるわけではないだろう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました