書籍

第7章: 帝都の墓荒らし

最後にセクンディヌスについて記そう。本当の名前ではないが、こう呼ばれるのは彼に名前がなく、例の罪に問われた2番目の男だったからだ。

セクンディヌスは、何ヶ月間にも渡って毎晩のように起こっていた殺人事件の罪を問われていた。犠牲者の死体は大抵、数日後に掘り起こされ、二度と人目に触れることはなかった。彼が死体をどう処理したのか知る者はいない。彼は犠牲者を掘り起こしているところを帝都の衛兵に見つかり、追われて殺された。彼は誰も知らない魔術か儀式に関する物品をいくつか身につけていた。

実はセクンディヌスが生きている、という話が広まった。彼が殺されたとされる日から数日の間に、彼を殺した衛兵たちが行方不明になったのだ。そのうちの1人は絞め殺されていた。その夜、マントをまとった誰かが下水に死体を引きずっていく姿を見たという目撃者も何人かいる。捜索するも、手がかりは何も見つからなかった。

※日本語のタイトルは7章になっていますが、英語の原文では12章です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました