スポンサーリンク
古遺物

ブラックウッドの古遺物

古遺物リスト

名前種類手掛かりの入手方法
帝国軍団の鋤お宝最初から所持しています
アイレイドの壊れたマントの留め具お宝帝国軍団の鋤を発掘する
聖カラダスの鉛直お宝アイレイドの壊れたマントの留め具を発掘する
ブラックウッドのアンティーク地図家具雑貨商人から1000ゴールドで購入する
※購入するには実績「ブラックウッドの開拓者」が必要です
ズェンの偶像家具ブラックウッドのあらゆるコンテンツから入手
発見報告例:宝箱・金庫・盗賊の宝・ワールドボス・パブリックダンジョンのボス・クラフト資源
※他にも様々なコンテンツから入手できる可能性があります
コスリンギのカヌー家具レヤウィンのデイリークエストの報酬
ボグブライト葬祭の仮面装飾ブラックウッド南東部にあるトーテムを調べる
※詳細は下部に記載しています
ブラックウッドのタペストリー家具※詳細は下部に記載しています
太古アカヴィリのクラフトモチーフモチーフブラックウッドの宝の地図
ガラスの骸骨の容貌
シシスの凝視」の欠片
装備ブラックウッドのパブリックダンジョン「ゼニタール大修道院」のボス
保存されたラクスの羽
シシスの凝視」の欠片
装備闇の一党のスキル「影の配達人」を習得した後、引き続き黙る者からアイテムを貰う
※「今日は何か装備があるか?」を選択する
ニッソの聖餐用布
シシスの凝視」の欠片
装備デシャーンのパブリックダンジョン「忘れられた墓地」のボス
パド・サ鮫の歯
シシスの凝視」の欠片
装備シャドウフェンの洞窟のボス
儀式用サークレット
シシスの凝視」の欠片
装備グループダンジョン「影のゆりかご」の最終ボス
コスリンギカットの革
銛打ちの水避けキルト」の欠片
装備ブラックウッドのワールドボス
ボグ・ブルーの碧玉の呪物
銛打ちの水避けキルト」の欠片
装備グループダンジョン「マザッタン遺跡」の最終ボス
銀織りの紐
銛打ちの水避けキルト」の欠片
装備バル・フォイエンの「カバナントの兵士系」モンスター
潮流ガラスのビーズ
銛打ちの水避けキルト」の欠片
装備シャドウフェンのクラフト資源「水袋・純水・ホテイアオイ・ニルンルート」
狼の尾のサッシュ
銛打ちの水避けキルト」の欠片
装備マークマイアの「汚水の釣り穴」で釣り
強化した留め具のアンカー
シェイプシフターの鎖」の欠片
装備ブラックウッドのパブリックダンジョン「沈黙の館」のボス
ウェアウルフの鎖
シェイプシフターの鎖」の欠片
装備クラグローンのグループ洞窟「ハーシーンのうろつく場所」のボス
骨の巨人の鎖
シェイプシフターの鎖」の欠片
装備グループダンジョン「狂気の地下室」の最終ボス
吸血鬼の鎖
シェイプシフターの鎖」の欠片
装備西スカイリムとリーチのワールドイベント「喪心の嵐」の報酬
尖らせた長いスパイク
シェイプシフターの鎖」の欠片
装備グループダンジョン「スピンドルクラッチ2」の最終ボス
温かく非対称なルビー
デスディーラーの運命」の欠片
装備ブラックウッドのワールドイベント「オブリビオンのポータル」の報酬
加重スパイクブリッジ
デスディーラーの運命」の欠片
装備功労者報酬(シロディールかバトルグラウンドで、2万APを獲得する毎にメールで届きます)
頑丈な銀の立て爪
デスディーラーの運命」の欠片
装備アリーナ「ドラゴンスター・アリーナ」の最後の報酬宝箱
彫刻入り印章の基部
デスディーラーの運命」の欠片
装備帝都の各地区を巡回している「恐怖の偵察隊」
幅広のトゲ付きの輪
デスディーラーの運命」の欠片
装備クラグローンのワールドボス「魔力異常点」の報酬

ブラックウッドのタペストリー

ブラックウッドの各地に落ちている「汚れたタペストリーの糸」を拾うと、古遺物「ブラックウッドのタペストリーの断片」の手掛かりを取得します。

断片は全部で15種類あり、全ての断片を発掘すると、コレクション家具「ブラックウッドのタペストリー」を獲得します。

ブラックウッドのタペストリー
優雅にデザインされたこの暖かそうなブラックウッドのタペストリーは、芸術品としても地域の実用的なガイドとしても機能する
小さい赤丸で印している所に手掛かりが落ちています。
①蛾に食われたタペストリーの断片
洞窟の中に落ちています。
②みずぼらしいタペストリーの断片
骸骨の側に落ちています。
③バラバラになったタペストリーの断片
岩の影で横たわる骸骨の側に落ちています。
④ぼろぼろのタペストリーの断片
海岸に散乱している木箱の側に落ちています。
⑤汚いタペストリーの断片
壊れた荷車の側に落ちています。
⑥穴だらけタペストリーの断片
ギオヴェッセ城の地下にある「女公爵の書斎」の崩れた壁の中に落ちています。
「女公爵の書斎」の入口の扉は、城壁近くの床にあります。
⑦薄汚れたタペストリーの断片
遺跡の外側の壁沿いに落ちています。
⑧糸の見えるタペストリーの断片
キャンプにある洗濯物の側に落ちています。
⑨引き裂かれたタペストリーの断片
壊れた小屋の中にあります。
壊れた小屋にはジャンプして登ります。
⑩擦り切れたタペストリーの断片
洞窟の中にある祭壇の後ろにあります。(詳しい位置は下の地図を参照)
⑪埃にまみれたタペストリーの断片
壊れた小屋の中にあります。
壊れた小屋にはジャンプして登ります。
⑫染みがついたタペストリーの断片
ストーンウェイストのアルゴニアンの負傷者たちが集まっている建物から東に続く道に行き、隣の建物にジャンプした先に落ちています。
⑬汚れたタペストリーの断片
テントの中に落ちています。
⑭縫い合わされたタペストリーの断片
壊れた小舟の側に落ちています。
⑮破れたタペストリーの断片
崖に囲まれた坂道にある木の側に落ちています。

ボグブライト葬祭の仮面

ブラックウッドの南東部にある試練「ロックグローブ」の西にあるトーテムを調べると手掛かりを発見します。

青矢印の場所にトーテムがあります

古遺物の伝承

ブラックウッドのアンティーク地図

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

これはブラックウッド地域の地図ですね。羊皮紙は痛んでいますが、それでも詳細な地図です。特に沿岸沿いは。何か奇妙なところがありますが、正確にどこだとは言いがたい。しかし、この地図には私でさえ忘れていた洞窟が載っています!

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

この地図の驚くべき点は、線がイカ墨で描かれているらしいことだ。色あせた部分が羊皮紙のように、灰や黒ではなく茶になっているだろう?これを使っているということは、地図屋よりも航海中の船の可能性が高い。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

その通りだ。水路が詳細なのは船員の視点から書かれた証拠だ。スネイクテイル川がニベンに流れるのではなく、湿地帯に流れ込んでいるだろう?これで地図の年代は第二紀218年の洪水と、第二紀255年のカラスの嵐の間に絞られる可能性がある。

帝国軍団の鋤

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この様式は第一紀、レマン二世がルビーの玉座について少し後のものね。こんなに古いのに、損傷がほとんどないのは不可解だわ。見つかったのは幸運と考えるべきね。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

もしそれが正しければ、こいつはレマン統治時代にブラック・マーシュの沼地を征服するため派遣された兵士の鋤かもしれない。明らかにレマンは、戦闘よりも過酷な気候のために多くの人員を失ったようだからな。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

鋤自体の保存状態がここまでいいのも、おそらくそれで説明がつく。泥炭に沈んだ物体は、他の環境より遥かに劣化が遅くなる。これはおそらく、長い年月の間地面の下に埋まっていたんだろう。

アイレイドの壊れたマントの留め具

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

完全な状態で見ないとはっきりとは言えないけど、これはアイレイド起源のようね。正確にはバルサエビクのアイレイドよ。この色あせた象徴は、エドラを称えるために使われたのかもしれない。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ギデオンは元々アイレイドが築いたんだろう?残念ながらその集落の名前は時と共に失われてしまったが、これはおそらく大シロディールを去った後、ブラック・マーシュに定住した初期の民が持っていたんだ。

アマリエン
アマリエン

そうね!エドラの角度も興味深いわね。バルサエビクのアイレイドはナーフィンセル分裂の間に、デイドラを崇拝する同族を避けるために立ち去ったの。場所を考えれば筋が通るわ!

聖カラダスの鉛直

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この道具が本当に聖カラダスによって使われたのかを知る方法はない。でも発見された地域や年代、比較的保存状態がいいことなどを考えると、少なくとも考慮する価値はあるような気がする。カラダスはレヤウィンにゼニタール大礼拝堂を建設したし、その際に彼がこのような装飾された道具を好んで使ったという記録もある。筋は通っていると思う。綿密な計測なしに築かれた建物が、これほど長く残ることは滅多にない。

ズェンの偶像

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

うーん、これはアルゴニアンの遺物ではありません。それは確かです。曲線に注目してください。おそらくコスリンギでしょう。問題は、これが何を表しているのかですね。形状の多くは波を思わせる。航海の神でしょうか?

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この形状は明らかに鋤ね。コスリンギの農業神、ズェンの象徴よ。興味深い神だわ。ウッドエルフがズェンに復讐を誓っているのは分かっている。コスリンギのズェンも報復の神だったかどうかは疑わしいけどね。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ズェンは本来報復の神ではない。「支払いに報いる」とは対等な取引や基本的な公正を意味しうる。どの記述を見てもコスリンギは誠実さを重視した、ごくまともな民族だった。おそらくズェンへの崇拝がその鍵を握っていたのだろう。

コスリンギのカヌー

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

見事な船だ!場所を考えるとアルゴニアンが作ったと思いがちだが、これはコスリンギの職人技によるものだ。彼らにはとても奇妙な造船の伝統がある。櫂の配置は異様で、ドラフトも帆も浅い!興味深い!

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

確かに変わっているわ。作りは明らかにカヌーと似ている。ブラック・マーシュの浅く狭い水路を考えれば適切だけど、なぜ帆が付いているの?コスリンギがいくら有能な船乗りでも、これで海に出るのは自殺行為よ!

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ボグブライト葬祭の仮面

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ブラック・マーシュにはアルゴニアンを安らかに眠らせない何かがあるようだ。ズル・ヴァードの埋葬杭に貫かれても、死んだトカゲの民は起き上がって騒ぎを起こす。彼らはこれと似た仮面をよく被っているが、はるかに古く高品質の木材から削り出されたものだ。あの地のアルゴニアンはこれを説明しない。死者に仮面をかぶせるのは、墓へ押し戻す際に愛する卵の兄弟の顔を見ずに済むからだろうか。

ブラックウッドのタペストリー

汚れたタペストリーの断片

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

このタペストリーの断片が何を描いているのかを判別するのは難しい。泥が染み込んでいるせいでね。そのうち特定できるかもしれないけど、長く慎重な掃除が必要ね。

擦り切れたタペストリーの断片

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

模様はとても特徴的だ。この種のものはトランス・ニベン地方の生地でよく見られる。技術はエルスウェア発祥だが、有名にしたのはレヤウィンの貴族なんだ。

染みがついたタペストリーの断片

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

このタペストリーに塗られているのが何なのか見当もつかないが、血ではないと思う。アンバーグリスかな?残念だ。見事な模様なんだが。

破れたタペストリーの断片

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

描かれている像からすると、より大きなタペストリーの断片だろう。織るのに数十年かかる類だ。残念ながら、生地が経年劣化に耐えることは滅多にない。

バラバラになったタペストリーの断片

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

犬が咥えてたみたいだな。冗談で言ってるんじゃないぞ。見ろ。ここが伸びているし、縁もほつれている。これを飼い犬に放った奴は、価値を知らなかったに違いない。

糸の見えるタペストリーの断片

アマリエン
アマリエン

これは誰かがキルトの継ぎ当てに使ったのかも。使い込まれているのは確かね。慎重に扱わないと、バラバラになりそうだわ。

ぼろぼろのタペストリーの断片

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

女性の顔でしょうか?これだけほつれていると、判別が難しいですね。何者かは不明ですが、崇拝の対象でしょう。おそらくマーラかディベラです。

引き裂かれたタペストリーの断片

アマリエン
アマリエン

この断片にはコンパスが載っている。私の椅子を賭けてもいい!タペストリーの地図なんて変わってるわ。マッペストリーね!ウグロン、何か言いたいんでしょ。でも、世界には愉快な造語がもっと必要なのよ!

薄汚れたタペストリーの断片

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

誰かがこれで汚れを拭いたな。ブーツでも磨いたんだろう。残念だな。辛うじて判別できる絵は、とても美しいのに。

埃にまみれたタペストリーの断片

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

このタペストリーの断片は、とても長く日光を浴びていないように見えます。誰かが他の断片と統合しようとして、大事に保管していたのでしょう。その仕事を私たちが完了できるよう願いましょう。

汚いタペストリーの断片

アマリエン
アマリエン

誰かがこれをナプキンにしてたと思うのは私だけ?赤ん坊のよだれ掛けかもしれないけど。どれだけ多くの貴重な遺物が農民の台所でテーブルに置かれているか、知ったら驚くわよ。

穴だらけタペストリーの断片

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

これはゼニタールの顔かもしれません!残念ながら、1ダーズの穴が開いていますが。弓を持った偶像嫌いが的に使ったようですね。愚かな。神々の像を冒涜すると、7年の不運が舞い込むのですよ!

縫い合わされたタペストリーの断片

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

このタペストリーの断片は、誰かが針と糸で修繕しようとしたようね。残念ながら、台無しにされてしまった。針仕事の出来はひどいものよ。しかし忍耐があれば、取り除くことはできる。

蛾に食われたタペストリーの断片

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

滅茶苦茶ね。まるで蛾の一家が総出で、このタペストリーの断片を腹いっぱい食べたみたい。直せるかもしれないけど、忍耐と創造力が必要だわ。

みずぼらしいタペストリーの断片

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

このタペストリーの断片の青を見てくれ。こんなに色彩豊かな青は見たことがない。ここまで生き生きした色を手に入れるには一財産かかるだろう。織物をこよなく愛する富裕な貴族だったようだな。

太古アカヴィリ

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

古代アカヴィリの鎧の特徴を、最もよく表している部分よ。この著者でさえ感銘を受けている。当然のことだけど。独特の形状とフレアはそれまでタムリエルで見られなかったものでしょう。

肩防具

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

胸当て

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

アカヴィリの鎧鍛冶の様式は帝国軍を決定的に変化させた。かなりの時間がかかったけど、影響に関して異議を唱えられる人はいない。

手袋

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ベルト

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

脚当て

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ブーツ

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

短剣

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

この武器に対する、著者の畏敬の念が聞こえるみたい。驚くことではない。当時の彼らは、タムリエルで作られる剣に対して何か激しいものを見ていたのよ。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

戦棍

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

「空を飛ぶドラゴン」?彼らがレマンをどう捉えていたかを考慮すると、おそらく偶然ね。全く流行遅れにはなっていないけど。

シシスの凝視

ガラスの骸骨の容貌

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

我々墓所を研究してきた者たちは、こういうものを「複雑な祝福」と呼ぶ。手彫りのガラス、完璧に左右対称の曲線、その他諸々。これは傑作だ。つまり、ほぼ呪われていると断言できる。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

あらあら、ウグロン。迷信家とは知らなかったわ。美的視点からすれば頭蓋骨のモチーフは穏やかならぬものよ。でもアルゴニアンは、よく骸骨のイメージをシシスの肖像や像に使う。これは間違いなくザンミーア時代に遡るものね。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

保存されたラクスの羽

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

完璧に保存された大量の羽?実に興味深い発見だ。人がそこまでして、こういったものを維持することはあまりない。種類をはっきりと識別できないが、しばしばナヒーシュが身に着けるベトヴァ雌鶏の羽と似ている。

アマリエン
アマリエン

ラクスの羽!エルスウェアの恐ろしい鳥の絶滅した近縁種よ!「ヴァリドの特異な鳥類のガイド」によれば、高さはマンモスくらいで、尾は荷馬車の馬をつなぐ棒ぐらい長く育つんですって!残念ながら第一紀2830年代、レマンの侵略による「大炎上」の時、死に絶えてしまったのよね。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ソウルレストの近くのザンミーアでこういう鳥の浅浮彫りを見た。太陽を背に卵を貪る姿が描いてあった。アルゴニアンの生まれ変わりを示していると考えていたが、今はこの鳥にシシスとの文化的なつながりがあると思っている。

ニッソの聖餐用布

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

細長い布ね。革ではなく。珍しい。アルゴニアンの布で見られるのはほとんど包帯か湿布になっているけど、これは元の状態よ。おそらく身分の高いアルゴニアンのベルトか装飾品として使われていたものでしょう。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

葬儀用の布を彷彿とさせる。ボグブライトの頭に固定されている仮面の類のものだ。これも仮面を固定していたのだろう。問題はどういった種類のものかということだ。織りはきつく頑丈だ。司祭が着けるとは思われない。

アマリエン
アマリエン

パド・サ鮫の歯

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

歯!死を連想させる私のお気に入りです!ほとんどの場合、アルゴニアンの古遺物から発見される歯は陸生か半水生種のものですが、これは鮫の歯のようです。古代の海洋作業のものでしょうか。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

どうかな。これはパド・サの歯だ。パド・サ鮫は淡水から海水に至るまであらゆる水域を生息範囲にする、肝の据わった鮫だ。通常はニベン川の河口からトパル湾の海岸沿いに、はるか上流でも見つけられる。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

儀式用サークレット

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

アルゴニアンの遺物でこれほど重たいものは滅多に見ない。鋼鉄にしては重すぎる。何の合金であれ、私なら身に着けない。レジナスはよく私を頭でっかちだと非難するけど、その私の首ぐらい強くて優雅な首でも、この重量では苦悶する!

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ヴェリタの言うとおりだ。これは沼鉄鉱とニッケル、それと他の何か…おそらく輸入品との混合物だ。この象徴は興味を引かれる。あらゆるザンミーア時代の品に見られるような鋭角が豊富にあるが、いくつかの文様には見覚えがない。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

銛打ちの水避けキルト

コスリンギカットの革

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

完璧に一巻きの革が保存されている。これほどの年代物にしては、驚くほどしなやかだ。模様から判断すると、何か大きい爬虫類のものだろう。ワマスかハジ・モタあたりか?

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

そうね、レジナス。私は素材よりもスタイルに興味があるけど。曲線を描く縁と羊皮紙のような薄さのカットを見て。アルゴニアンの革細工職人ではない。これはコスリンギの職人技よ!少なくとも第二紀200年代の初頭あたりまでは遡る!

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ボグ・ブルーの碧玉の呪物

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

ブラック・マーシュではなかなか貴重な石に出会えないけど、それでもこの地域に入り込んで来るものはある。アルゴニアンはこういう磨いた碧玉を宝飾品に使う。でもこれはカットされている。珍しいわ。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

私の研究によれば、コスリンギはカットされた石が魚鱗のように光を散乱させるため、好んでいたらしい。この石は獲物の羽と組み合わせることで、狩人や銛打ちの強力な呪物になったのだろう。

アマリエン
アマリエン

銀織りの紐

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

これは個人用コレクションにしたい遺物だ。今まで訪れた市場で、これほど強い紐は買えなかった。船舶の何かのようだ。索具か、銛の紐か。美しい。ただただ美しい。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

潮流ガラスのビーズ

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

このガラスのビーズはコスリンギの埋葬塚で数多く見つかる。通常は紐に通してあるか、小さな袋に入っている。通貨として使用していたのではなく、よく手首や足首につけていた。彼らが好んだ、数少ない衣類だ。

アマリエン
アマリエン

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

狼の尾のサッシュ

アマリエン
アマリエン

本物のリルモシートのサッシュ!ただ、本物のリルモシートの尾じゃないわよ。少なくとも私はそう思わない。大体リルモシートに尻尾なんてあったの?その疑問はまた今度。これは狼の毛皮で作られたようね。ブラック・マーシュで狼なんか見たことないけど。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

シェイプシフターの鎖

強化した留め具のアンカー

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

この種の留め具は第一紀に流行し始めた。具体的に言うと第一紀100年頃、エンドゥイン芸術運動の間よ。わずかに輝いた一瞬で、ファッションの中に機能があった。宝飾品収集家として白状すると、羨ましいわ。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

留め具制作の進化はまったく素晴らしい!これのように固定された留め具は宝飾品や鎖をしっかりと安定させられる上、現代でも完全な形で発見できる。事実上、不変の品だ。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

魔術師たちは今もこの種の留め具を、より強力な装飾品に使うことを好んでいます。呪文をかけた銀がダンジョンの中で行方不明にならないよう、力のアミュレットや魔法の腕輪など、あらゆるものにこの種の留め具が付いています。

ウェアウルフの鎖

アマリエン
アマリエン

これは間違いなくハーシーンの象徴ね!色々な可能性があるけど、この鎖に彫られてることから、これは首飾りか、特定のデイドラ公を称賛する専用の鎧のものじゃないかと思う。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

アマリエンの主張はある程度認めるが、何らかの鎧の付属品かどうかは疑問に思う。接続部の金属のヒビを見てくれ。間違いなくかつて宝飾品だったはずだ。この金属では、大した防御にならない。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

ハーシーンについては同意しますが、より多くのことを示していると思います。象徴の角度とスタイルは、かつてライカンスロープ症の人々が集まっていた遺跡の外でよく見られます。これは警告と同時に招待でもあったのです。

骨の巨人の鎖

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

この彫刻が何か分かる人はいますか?とても小さいのでしばらく気付きませんでした。この鎖は強力なマジカを放っている。しかしこの象徴が何か分からなければ、どういったものか推測できません。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

以前より目が衰えてしまってな。だがある種の骸骨のモチーフのように見える。見極めるのは困難だが、横に傾ければ体を構成する骨の一部が見える。足、腕、顔だろうか?

アマリエン
アマリエン

ああ、これはきっと死霊術師の護符の一部よ!山ほどの骨で試して、どうなるか見てみましょう!

吸血鬼の鎖

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

インペリアルのデザインのようね。アレッシア帝国に遡るものかも。確実により大きなセットの一部でしょう。壊れた両端の環が、過去には完全な鎖だったものの一部であることを示唆している。

アマリエン
アマリエン

どうかしてると思うでしょうけど、金属に彫られた小さな象徴はどう見ても…「ラマエ・バル」と読める。かなり薄れてるから、「レモン・バット」かも!でもこの持ち主か…作者は吸血鬼じゃないかと思う。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

吸血鬼は専門分野ではありませんが、この品からは変性魔法の臭いがします。これが吸血鬼に関わるものなら、コウモリに変身する能力と関係があるのかもしれません。

尖らせた長いスパイク

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

一体どんな人がこんな悪趣味な宝飾品を身に着けるのか知らないけど、誰かが首に巻いていた鎖の一部であることは間違いない。こんなものを身に着けるのは死んでもお断り。でも、アイレイドには前衛的な趣味があったわ。

ウグロン・グロー・スモグ
ウグロン・グロー・スモグ

長年を経て、なおこれだけの鋭さがある。明確に威嚇を意図したデザインであることを示している。こういったスパイクに実用的な用途はない…自分が無力な小動物ではないことを、周囲に示す以外にはな。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

デスディーラーの運命

温かく非対称なルビー

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

さて!私と同じように、この石に妙なものを感じる人はいますか?必ずしも邪悪さを感じるわけではないですが…恐ろしく強力です。私ならこれでジャグリングはしません。

アマリエン
アマリエン

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

加重スパイクブリッジ

アマリエン
アマリエン

うわ、不気味!これは絶対に指輪の宝石がはめられてたブリッジね。でもこの空いた部分は、まるで牙のある口がニヤニヤ笑ってるようだわ!デイドラみたいじゃない?

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

この品に明確な恐怖は感じはしないが、不可解な印象は受ける。以前は指輪についていたものだということには同意する。しかし何かは分からない。素材の状態からすると、第一紀中頃のものだろうか?

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

頑丈な銀の立て爪

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

一見しただけでは見逃してしまいそうですが、この何らかの宝石を固定するために作られたと推測される立て爪は、マジカの導管です。たとえ強力な魔法を扱う時でも、立て爪が完全に保たれるよう、特別な作られ方をしています。

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

明らかにとても古いものだが、かつて支えていたものから切り離されたこの立て爪を見ると、興味をそそられる。第一紀中期の指輪の多くが、この種の強引な鍛冶による粗削りな固定方式で、立て爪がほとんど壊れないようになっていた。

アマリエン
アマリエン

彫刻入り印章の基部

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

この銘文はほぼ完全に消えている。削られて滑らかになったらしい。まるで所有者が、時間をかけてこすり落としたかのように見える。それが意図的なものか、単に印章の機能によるものなのかは分からない。

ヴェリタ・ヌミダ
ヴェリタ・ヌミダ

アマリエン
アマリエン

幅広のトゲ付きの輪

レジナス・ブーカ
レジナス・ブーカ

誰かこの輪の内側にあるフックに気づいたか?極めて小さいが、こんなものを指に着けたらさぞかし痛いだろう。試さないことをお勧めする。

ガブリエル・ベネレ
ガブリエル・ベネレ

アマリエン
アマリエン

関連リンク

コメント

スポンサーリンク

エルダー・スクロールズ・オンライン(ESO)のクエスト

アルドメリ・ドミニオン
  • ケナーシズルースト
  • オーリドン
  • グラーウッド
  • グリーンシェイド
  • マラバル・トール
  • リーパーズ・マーチ
ダガーフォール・カバナント
  • ストロス・エムカイ
  • ベトニク
  • グレナンブラ
  • ストームヘヴン
  • リベンスパイアー
  • アリクル砂漠
  • バンコライ
エボンハート・パクト
  • ブリークロック
  • バル・フォイエン
  • ストーンフォール
  • デシャーン
  • シャドウフェン
  • イーストマーチ
  • リフト
DLC2
  • サマーセット
  • 北エルスウェア(エルスウェア)
  • 南エルスウェア(ドラゴンの大地)
  • 西スカイリム(グレイムーア)
  • マルカルス
  • ブラックウッド
  • デッドランド
タイトルとURLをコピーしました