書籍

グルームマイアの鳥

翼のある獣のうち、諸々の理由でこの本の通常の章に載せられなかったもの。この節はドミンド・カマズと若手研究者のウニラ・ロセロスが記載している。

カラス
「私がたまたま気に入った空の一角に巣食う、この翼を持つ災いは、どんな状況においても私の存在を許容しない。数世代前にハグレイヴンが私の一族にかけた呪いのせいかもしれない。地域住民はこの地方、とりわけアルペニア周辺のカラスが異様なまでに高度な知能を持つと警告しており、私はこの忌まわしい鳥についての記述を助手のウニナ・ロセロスへ全面的に委任することにした」

実地調査員にして鳥の専門家ドミンド・カマズ

タムリエルの他の地域と同様、ブラックウッドの南端グルームマイアにもカラスはいる。以前の版を参照するなら、カラスの大きさは手のひら程度から、噂に基づけば人間の前腕ほどの長さまで幅がある。黒いクチバシと、やはり黒を基調とする羽を持つカラスは、荒涼としたこの地形でかなり目立つ存在である。また、この羽根のおかげで、カラスは密林や湿地帯に意外なほどうまく紛れ込める。余談だが、そのせいで私はベースキャンプまで戻る時に、カラスの小さな家族がついてくるのに全く気づかなかった。しかしこの点については後で触れよう。

カラスは知能が高く、よく工夫を凝らす生き物だとよく言われる。大体において正しい。しかし木の上の巣から転げ落ちるカラスも一定数目撃されていることは言及しておくべきだろう。このような行動がカラスの認知的欠陥に基づくのか、娯楽の一環としてやっているのかは不明だ。

ある程度の確実性を持って言えるのは、カラスは恨みが深いらしいということだ。しかも、過去に受けた侮辱の記憶を若い世代に伝えられるという。私はこうした行動を、研究会からの報告を待つドミンドのもとへ戻る際についてきたカラスの一家で目撃できた。このカラスたちは複数の石を彼に投げつけた。私は無傷だったが、さらにカラスたちは凄まじい勢いでドミンドに襲いかかったので、彼は近くのシェルターに逃げ込み、1週間そこから出ようとしなかったほどだ。

ハックウィング
多くの読者は「グルームマイアの鳥」と題された本の中にこの生物が載っていることを意外に思うのではないだろうか。ハックウィングは鳥とみなされる他の生物とどこも似ておらず、形態学的には小さなドラゴンと分類されるべきではないのかと思うだろう。

これは言うまでもなく、完全な誤りである。ハックウィングは鳥に共通する多くの特徴を示し、灰を被った空のネズミ(カラスの欄を見よ)を「鳥」という高貴な名称に含めなければならないのなら、ハックウィングにも当然その資格はある。

鳥とは卵を産み空を飛ぶ、翼のある生物である。もっとも、我々が鳥と呼ぶ生物の一部には、これらの特徴の一つか複数が欠けていることもある(恐ろしい鳥と飛行についての項を参照)。ハックウィングには明らかに翼があり、卵を産み、他の鳥と同様に優雅な様子で空を飛ぶ。そのため、鳥に含められているのである。

行動の点から言うと、ハックウィングは標準的な鳥よりも岩の周辺をうろつくことが多い。長い爪を使って岩の表面や、湿地帯の木の皮を引っかく。ハックウィングはしばしば岩の上で日に当たって1日を過ごし、油断した地域住民の籠から果物や肉を盗むこともある。盗みを働くとはいえ、この生物が盗んだものを食べている光景は目撃されていない。ハックウィングは道端の死骸を食べることを好むので、おそらくはいたずら自体を楽しんでいるのだろう。

個人的に、ハックウィングには好感を持っている。愉快で遊び好きであり、命の危険も少ししかない。性格的に、ハックウィングは綿密に整えられた野営地に突入しても、ベッドを荒らしインク壺をひっくり返す程度で、人に襲いかかって目玉をくりぬくことはあまりない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました