書籍

人間の時代以前: 深遠の暁紀

人間の時代以前: 深遠の暁紀

シマーリーンのアイカンター著

人間がタムリエルを支配するようになる前、または歴史学者たちがタムリエル支配者の出来事を記録した年代記より以前の世界の出来事は、神話や伝説を通して、もしくは神々しくも見事な八大神教団の教義を通してしか知ることができない。

便宜上、歴史学者たちは先史以前をさらに2つの長い期間に分ける: 深遠の暁紀、そして神話紀である。

深遠の暁紀:

深遠の暁紀は人類の始まる前の、神々の偉業が起こっていた時代である。深遠の暁紀は、アダマンチンの塔の設立により、神々と魔法が世界から流出して終焉を迎えた。

「メレシック」という言葉は、ノルド語の文字通り「エルフの時代」から来ている。メレシック紀、すなわち神話紀とは、アダマンチンの塔の設立により、神々と魔法が世界から流出した後から、タムリエルにノルドのイスグラモルが出現するまでの先史時代である。

下記に深遠の暁紀でもっとも目を引く出来事を、我々のような時の中に生きる者が理解できる形で記す。

宇宙はアヌとパドメイのアービス(混沌、もしくは全体)から形成された。アカトシュ(アーリエル)が生まれ、「時」が始まった。神々(原初の神々)が生まれた。ロルカーンは神々を説き伏せ、もしくは欺き、定命の次元、ニルンを創造させた。定命の次元はこの時、魔力の高い危険な場所であった。神々が歩くと、定命の次元と永続する全存在物そのものが不安定となった。

「定命の世界」を設計する建築家、魔法(マグナス)はその計画を終結させることを決め、神々はアダマンチンの塔(ディレニの塔、タムリエル最古の建造物)に集結し、何をすべきかを決めた。ほとんどは魔法と同様にその地を去り、エルノフェイのような一部の者は残れるように自らを犠牲にして他の姿を取った。ロルカーンは神々から非難を受け、定命の異世界へと追放された。彼の心臓は引き裂かれ、アダマンチンの塔から投げられた。そのかけらが地に降り立つと、火山が出来上がった。魔法(秘術の感覚)により、宇宙は安定した。エルフの歴史が、ついに線形になって始まった(神話紀2500年)。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました