クエスト

不慮の落下

ESOロスガー > サイドクエスト

物語内容

レイノー・ヴァノスと話す

オルシニウムの北部にある〈ツェンガナズ〉の近くにいる、レイノー・ヴァノスと会話しましょう。

今回初めてレイノー・ヴァノスと会った場合

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ああ、キレス。
今回は何を手に入れたんだ?

以前にレイノー・ヴァノスと会った事がある場合

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

やあ、これは偶然だね。
姉妹のキレスが今回手に入れたものを聞いても、きっと信じられないと思う。

絶対に、僕を苛立たせるためだけにやったんだ。

会話を続けましょう。

※以降の会話内容は、上記の差分に関係なく共通です。

何か助けることはあるか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ちょうど良かった!
姉妹のキレスと一緒に周辺を調査して、このドワーフの遺跡の全体図をつかもうとしてたんだ。

ほんの一瞬目を離した隙に、キレスがあの穴に落ちてしまった。
飛び込んだのかも知れない。
あっという間だった。

危険な仕事のようだな。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

もう想像を絶するほどだ!
特にキレスのやり方だとね。
ドゥエマーの大発見が目前に迫っていて、王に招かれて来たんだ。
僕達はエキスパートだから。

姉妹を救出してくれないか?
僕も助けたいけど、そういうのは慣れてないんだ。

姉妹を探して来る。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

キレスは、謎の穴に飛び込むべきじゃなかった。
僕が狭くて暗い場所に耐えられないことを知っているのに。

古代の遺跡を調査するためだけに、はるばるロスガーに来たのか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

ああ、そうだ。
キレスは僕たちが洞窟探検家だって言うだろうけど、僕は自分のことを、世界一のドワーフのアーティファクトの専門家だと思ってる。

王がこの分野の主導者たちをロスガーに招いた時、チャンスに飛びついたんだ。

以前、他の研究者たちがこの遺跡を調査したことはないのか?

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

いわゆる学者の多くは危険な場所に行きたがらないと聞いたら、驚くだろうね。
でも、そういう場所にはたいてい、良い遺跡があるんだ!

それに、オークもいる。
知り合いの探険家のほとんどは、オークが… 恐ろしいものだと思っているようだ。

キレス・ヴァノスを探す

ツェンガナズに入りましょう。

ツェンガナズ
「クラン・ローケンがヴァーデンフェルを去った時、いくつかのクランが散り散りになって自分たちの集落を作ろうとし、東方の同胞よりもずっと孤立した生活を選んだという」――セルウィ・ゲレイン

探索を進めると、キレスのノートの断片を発見します。

キレスのノート、1ページ

このノートは非凡なダンジョン探検家であり、ドゥエマー遺跡の熟練した探検家であるキレス・ヴァノスの所有物である。

と、いうわけで、兄弟のレイノーとの最新の冒険について書きたくてウズウズしているの。
オーク国家を助けるためロスガーに専門家を呼び込む案内を受け取ったとき、そのチャンスに飛びついたわ。
私は古代遺跡をうろうろするのが大好きだし、レイノーはドワーフの遺物をいじくり回すのが大好きだもの。

オルシニウムに着いた次の日、朝早くから教えられた場所へと向かった。
その遺跡が実際にドワーフのものであったと確信するのに時間はかからなかった。
レイノーによると、ツェンガナズと呼ばれる古代遺跡でほぼ間違いないみたい。

遺跡の外側を調査して状況を探っていたとき、私が、えっと、遺跡の中へ飛び込んで見てみることにしたの。
いや、だめよ。ノートの中では絶対に嘘はつかないと誓ったもの。
本当は滑ったの。中へと転げ落ちてお尻を打った!
あんなに痛くなければ面白かったんだけど。
でも、雪のおかげで少しはましだったわ。

キレスのノート、5ページ

ここはすごい!
私たちが今まで見てきた遺跡と違って、ここには動く装置や古代のガーディアンがある。
足元に気をつけないと。
スパイダー・コンストラクトや転がる大玉に追いかけられたくないもの。
あと、センチュリオン!
暗くて怖い遺跡の中で、あんなのと出くわしたくないわね。
あれ、ちょっと待って…

今気づいたけど、ノートの最初の2ページがなくなっているわ。
こういうのは嫌いなのよ!
もっと持ち物を大事にしろっていつもレイノーに言われるんだけど、あのオルシニウムの商人が欠陥品を売りつけてきたに違いないわ。
だってこの製本を見てよ! もうひび割れてほつれているじゃない!
要塞の壁のように頑丈だなんて、よく言えたわね!

まあ、遺跡の中に転がり込んでしまったんだから、レイノーに怒られないように成果をあげましょう。
ドワーフのパワーコアを見つけてあげればいい。
彼はそういう古臭いものを集めるのが大好きだから。
もしかすると今回は、ああもすぐに爆発させないかもしれない。

キレスのノート、17ページ

ここに来られなかった兄弟は羨ましがるでしょうね!
彼は暗くて危険な場所を這いずりまわるのを嫌がるけど、彼がいじくり回して楽しんでいるものは、大抵こういう所で見つかるのよ。
「私がドワーフの遺跡に入らないと、レイノーはドゥエマーのもので遊べないのにね」っていつも言ってる。
とりあえず言われた通りメモをたくさん取ってるから、彼は後でそれを見返すといいわ。

ああもう、オブリビオンに堕ちろ!
このノート、ハチミツ酒を飲んでいるノルドのゲップみたいにページが落ちているわ。
つまり頻繁に、最悪のタイミングでよ!
大事なものをなくしてないといいけど。

あら、あれ面白そうじゃない!
ドワーフの工学と職人技の賜物ね!
あの円が素晴らしいわ!
車輪の中にまた車輪があって、全てが中心を起点に回っている感じ。
というか、稼働していたときは回っていたんだろうなという想像に過ぎないけど。

レイノーならこれの役割が何だったか分かるかしら?
そういえば、兄弟は一体どこにいるの?
本当に私のことが大事なら、機械の蜘蛛なんて怖がってないで助けに来るはずでしょう!
それか、せめてロープを投げてくれたらいいのに!

探索を進めると、キレス・ヴァノスを発見します。

キレス・ヴァノスと会話しましょう。

今回初めてキレス・ヴァノスと会った場合

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

あら。
あなたも天井にあったあの穴から落ちてきたの?

言っておくけど、文句は言っていないわ。
この古代の道具を見て。
オークの浴場でもっときれいなものを見たことがあるけど、興味深いわね。
そうでしょ?

以前にキレス・ヴァノスと会った事がある場合

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

こんなところで見慣れた顔に会うとは驚きね。
でも、嬉しい驚きだわ!

あなたもあの穴を降りてきたの?

会話を続けましょう。

※以降の会話内容は、上記の差分に関係なく共通です。

兄弟のレイノーから、この遺跡に落ちたと聞いた。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

落ちた?
私が熟練の洞窟探検家だと言っておく必要があるかな!
落ちたりしない! 潔く飛び込んだの。
確かに、こんな特別な方法で来るとは思わなかったけど。

兄弟はどこ? ここで手伝って欲しいんだけど。

何か手伝えることが?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

そう言われてみると、そうね。
ドワーフのパワーコアを回収したいと思ってたの。
でも唯一見掛けたやつはツェングのガーディアンに守られてたのよ!

コアを入手してくれるとありがたいわ。
レイノーはああいうのが好きでね!
あれを使って色んな機械を作るの。

なぜドワーフのパワーコアが必要なんだ?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

私が? 私には必要ない。
兄弟のレイノーが集めているの。
変で面白い、様々な装置を作るために使っている。

ここに来て、レイノーのためにあれを手に入れるべきだと思ったの。
長い間、いじくり回すものを持っていなかったからね。

レイノーはどのような装置を作っている?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

まあ、いろいろとね。
考えていたものができないこともあって、よく爆発するけど、その他の点では本当に天才よ…
とんでもなく間抜けなことをしていない時はね。

出発する前にもう一度、キレス・ヴァノスと会話しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

もし兄弟の優秀な材料抽出機を持ってきていたら、もっと手間が省けていたはずね。
でも、分かるでしょ?
私は成り行き任せでやるほうなの!

私はここを片づけるから、あなたはパワーコアを手に入れて。
正面入口で落ち合いましょう。

最後の侵攻」のクエストを完了している場合

コールドハーバー以来、レイノーと一緒にどこに行っていた?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

コールドハーバーで楽しんだ後、レイノーと私は、よくある遺跡の採掘に戻るのは退屈だと思った。

でも、コールドハーバーのおかげで莫大な新しい機会を得られただけでなく、単純なことが良いものだって感謝できるようになったわ。

どのような機会を?

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

ロスガーでのこの仕事とか。
実際、王から招待を受けたしね!
大きな仕事のきっかけもつかんだけど、しばらくの間、詳しいことは黙っているように取引先から言われているの。

すべてがうまくいったら、詳しく話せるかもしれない。

ドワーフのパワーコアを手に入れる

探索を進めると、キレスのノートの断片を発見します。

キレスのノート、11ページ

あれは… ええ、多分そうよ!
あの部屋の中にドワーフのパワーコアがあるわ!
すぐに中に入って手に入れよう。レイノーが喜ぶわ。
これを渡したときの表情が早く見たい。

やっぱり、新しい作戦を考えたほうがいいわね。
私はいつも正攻法で結果を出してきたけど、今回ばかりはそれが最善とは思えない。
あの部屋の中はドワーフのコンストラクトでいっぱいだし、パワーコアの近くにはツェングのガーディアンっていう怖そうなセンチュリオンがいる。
もう少し辺りを調べてみて、あのパワーコアをこっそり盗む方法を考えてみるわ。

更に探索を進めると、ツェングのガーディアンが立ち塞がります。

ツェングのガーディアンを倒した後、古代のドワーフの貯蔵所を調べると、ドワーフのパワーコアを入手します。

レイノー・ヴァノスの所に戻る

ツェンガナズの入口に戻ると、キレスとレイノーが待っています。

キレス・ヴァノスと会話しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

見つけたのね?
あなたならやってくれると思ったわ。ありがとう!

それから、心配しないで。
今度古代の遺跡に降りる時には、必ず準備する。
計画も練ったほうがいいのかな。

レイノー・ヴァノスと会話しましょう。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

姉妹を見つけたそうだね。
すぐに仕事をやらされただろう?
彼女は人に自分を手伝わせるのが得意なんだ。

教えてくれ。何を探せと言われたんだ?
自分のコレクションに加えたい、輝く安物の宝石かな?

実は、彼女にドワーフのパワーコアを入手して渡すよう頼まれた。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

パワーコア? 僕に?
彼女はぶっきらぼうだけど、根は優しいんだよな。

手に入れてくれてありがとう。
少し手を加えれば、ドゥエマー関連の数多い実験の一つを、完了させるため使えるはずだ。

クエストを完了する。

レイノー・ヴァノス
レイノー・ヴァノス

このパワーコアには、すさまじい量のエネルギーがある。
さまざまなことに利用できるぞ!
文字どおり、可能性で頭が回ってきた!

キレス・ヴァノスと会話しましょう。

キレス・ヴァノス
キレス・ヴァノス

私なら逃げてるわね。
レイノーは、ドワーフコンストラクトを自分に従う部隊に変えてしまう何かを作るつもりよ。
もしくは、その間に大規模な爆発を起こすでしょう。

でも、ずっと助けてくれて感謝しているわ!

次回クエスト

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました