書籍

実現された野望

この地を放棄したスパイア評議会は愚かだった。奴らにはドレッドセラーに政治的な都合以上の価値があると見抜く力はないと思っていた。私だけが、この場所の資源としての価値に気づいたのだ。手つかずの力の源泉だ。目覚めの炎の協力を得た今、ここはその潜在力にふさわしい目的を得た。

あの信者どもは見事な装置を思い描いたが、夢を現実に変えられるのは私だけだ。私ほど死霊術とデイドラ魔術を理解しているものはこの世界に誰もいない。この抽出と精製のプロセスを考案できる者など他に存在しなかった。この狂気の装置を実際に動かせる者は、誰もいなかったのだ。

だがこれならうまくいく。そして私は、これから起こることを最前列で目にするのだ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました