書籍

アルドメリ法廷の記録

通達:

サリエルとして知られる犯罪者に、サルモール国家の代表により起訴された罪状について、全て有罪の判決が下った。

彼女はあらゆる罪に関して有罪である。
罪状は以下の通り:

―サルモールの役人に対する贈賄裁判1件
―アルケインの不正に関する裁判12件
―第一級殺人に関する裁判17件
―第二級殺人に関する裁判27件
―無許可の死霊術に関する裁判6件
―聖職者の財産の破損に関する裁判2件
―公共物破損に関する裁判3件

最終的に、彼女が犯した殺人が彼らに与えた影響の処遇を詳細に記し、サリエルが署名した宣誓供述書を受け取った。
この裁判はこれらの行為が吸血症の呪いと一致することを発見した。
彼女の凶悪な犯罪の償いのため、サリエルは埋もれた遺跡モラヴァルに投獄される。
そこで彼女は焦げた石、息が詰まるような毒に、業火の痛みを永遠に味わうだろう。
彼女の運命を、死霊術師や寄生者になろうとする全ての者への警告として奉仕させよう。
アーリエルもサルモールも、そのような犯罪を許容しない。
全ての事件において、罰は適切に執行される。

アルドメリ司法第七法廷

コメント

タイトルとURLをコピーしました