書籍

クラグローンを歩く星

冒険とロマンスの物語
物語の編み手、アダンドラ著

彼は空から落ちてきた、一般の人々と共に歩むため、エセリウスから下界に降りてきた星。
ある者は彼のことをセレスティアルと呼び、またある者は彼を戦士と呼ぶ。
では私は?
私は彼を「愛しい人」と呼ぶ。

愛しい人と出会ったのは、ドラゴンスターの街からさほど離れていない寂しい道だった。
私はあらゆる曲がり角で待ち伏せているようなアイアンオークやスケールドコートの兵士の注意をかわすように、闇の中を急ぎ足で進んでいた。
そんなとある曲がり角に差し掛かった時、私は背の高い、古代の鎧を身に着けた屈強な体格の男に出会ったのである。

彼は私が倒れる前に私の身を抱え、空の星々のように輝くような強い手で私を支えてくれた。
そして私の全身に震わすような深く、響き渡る声でこう言った。
「そのように急いで、どこか行くのですか、美しきお嬢さん」

* * *

ダメだ!これはひどい!
やはりこの戦乱に荒れ果てた地域で実際に起こった実話について書いた方がいいのかも。
完全な空想物語を書くのは元々得意ではなかったし。
待って!いいことを思いついた。
あの戦士が、孔雀のコンフィと飲用金が好物というのはどうだろう?

とりあえずこのまま書き続けて、どうなるか見てみるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました