書籍

護衛への商人の命令

「忠実な」護衛たちへ

このところ、経費について多くの苦情や不平を受けている。
ザルガズの洞窟で再び起きたことについて口にしている者には、それが私の面前であろうが、また聞きで耳に入ってきたものであろうが、厳罰が待っているということを明確にしておきたい。

報酬は減額!仕事は追加!
さらに私への奉公をやめ、別な主人の下でこれらの中傷を言いふらした場合、アーケイの司祭の前に連れていき、デイドラの起源に関する悪意ある噂を広めたとして告発をしてやる!

要するに、サリアの休息地について二度と聞きたくないということだ!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました