スポンサーリンク
書籍

ある弟の嘆願

最愛なる姉さん

認めざるを得ないが、あなたの最後の手紙には困惑しています。ドヴァー・サーヴォクンが去ったことで、私たちは皆不安になっている。あなたの懸念も分かる。だが頼むから、そんなことでゾナーク・ザーンへの信仰を揺るがせないでください。彼女は私たちを守り、導いてきた。崇拝のため、この美しい聖堂を与えてくれた。ザーンを崇めることは私たちの生涯の目的です。

ザーンの行動がおかしいとあなたは言いますが、私からすれば当然のことです。ドヴァー・サーヴォクンとの彼女のつながりは強い。私たちに想像できるどんな絆よりも強いのです。ゾナーク・ザーンには彼の導きがなくなったことで、大きな喪失感があるに違いない。私たちと同じように。長時間隠遁しているのはそれが原因だろうし、それだけのことです。彼女の力が弱っていると疑うなど…

あなたの心配は自分の心にしまっておいてください。手紙で私に伝えてくれたのはよかった。もし盗み聞きでもされたら影響が恐ろしい。それに、遠からず何もかも正常に戻るでしょう。ドヴァー・サーヴォクンは栄光の帰還を果たし、全てはうまくいくはずです。それまでの間、信仰を忘れないように。

敬具
ヤークボーン

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました