スポンサーリンク
書籍

5.記念島の建設

全旗海軍はハイ・アイルに帰還し、英雄として迎えられたが、勝利の喜びは後悔によって弱められた。艦隊の派遣部隊のほぼ半数が、スロードに復讐を果たすための戦いで失われたのである。

スラスに対する全面戦争の後、ベンドゥ・オロ男爵提督とタムリエル史上最大の同盟海軍を結成するために集まったさまざまなグループの指導者たちは、スラシアの脅威を打ち倒すために戦って死んだ者たちを称え、記憶するための記念碑を作ることを決定した。

建築監督トビン・ムーアクロフトの監督のもと、ハイ・アイルのちょうど真ん中にあるとても小さな記念碑の小島が、追悼の地に選ばれた。全旗海軍を称える重要な記念建築物の建設はほとんど間を置かずに始まった。その中には以下のものが含まれる。

全旗の城、記念碑の灯台、記念庭園、記念碑の宿屋である。

記念碑の建築物群は第一紀2271年に完成した。オロ男爵提督や同盟の指導者たち、そして生き延びた船長たちの多くは、記念碑が失われた船やその乗組員たちと、スロードに対する勝利に捧げられた時、その場に立ち会った。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました