書籍

トロールの脂肪の使い方基礎講座

うう。今日もまたオルシニウムだ。
クラヴェル。正直に言うが、早いところオーリドンへ帰らないと狂ってしまうかも知れない。

この街で商売してる商人どもは恥知らずばかりだ!
オークの露天商が何を売りつけようとしたか信じられまい。
何気なく根菜とスノーベリーの詰め合わせを見ていたんだ。
ちなみにどれもしなびて悪くなっていた。
すると、歯のない商人が器に盛った脂肪を私の顔に突き付けた。
器に山盛りの脂肪だ。信じられるか?
それが伝説のトロールの脂肪だとかそういうでたらめを並べるんだ。
誰がそんなものを買いたがるんだと尋ねると、彼はしょぼついた目を怒らせた。
トロールの脂肪についてもっと知りたいか?
今や私もエキスパートだ。

トロールの脂肪はタムリエルで最も高濃度な脂肪だと知っていたか?
ホーカーの脂肪よりもだぞ。知らなかったろう。
どうやら、この脂肪は優秀な潤滑油になり、特に寒い気候では理想的なものだそうだ。
そしてロスガーが寒いことはよく知っているよな?

鎧がくたびれて見えるって?
じゃあこの気色悪い脂肪を使ってみろ。
タムリエル中を探したってトロールの脂肪よりいい研磨剤はない!
湿布や他の様々な薬としても使える。
窓枠に塗れば害獣避けにもなる。
乾燥させれば気持ちの悪いジャーキーにもなる。
煮ればとても強力な接着剤にだってなる。
吸血症すら治癒できる! 知らなかったな。

奴が寝室でのトロールの脂肪の様々な使い方を話し始めた時、失礼させてもらわざるをえなくなった。
それからマラキャスと話すときにも使えるとも言っていたな。
それだけはちょっと面白いと思った。
どうやら、トロールの脂肪をマラキャスの偶像に塗りたくれば、デイドラ公と話ができるそうだ。
これは試してみないとな。
なんで彼の緑の子供たちが、こんな粗悪品を売って回ってるのか聞いてみたい!

もう1週間ここを試してみるつもりだ。
エチャテレチーズやマンモスの胃袋シチューをあと一度でも勧められたら、バルケルガード行きの船に飛び乗って帰る。
お前がいようがいまいがな!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました